ドラマ&映画 カテゴリ

東出昌大、人気者になって気づいたこと「自分の素って何だろう」

 NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』では、ヒロインの夫役を好演し、その存在感を日本中にアピールした俳優、東出昌大(26)。マスコミの取材依頼が殺到する中、「自分の側面を見ることの出来る良い機会」と、敢えてMBS・TBS系ドキュメンタリー『情熱大陸』(毎週日曜 後11:00)の密着取材に応じていたことがわかった。東出は「自分は表裏がないと思っていたんですけど……自分の素って何だろうと考えさせられました」と、自分自身に対して新たな発見も多くあったようだ。

【写真】その他の写真を見る


 12日に公開された東出の初主演映画『クローズEXPLODE』(公開中)の興行も好調で、冬には少女漫画原作の映画『アオハライド』(12月公開予定)も控える。不良高校生から青春ラブストーリーの二枚目まで、役者としての幅を広げているところだ。

 密着取材を受けて、東出は「自分は表裏がないと思ったんですけど、仕事のときの顔と、友達と居るときの顔と、だらっとしているときの顔と全然違うと言われました。人当たりという部分で見せている顔が違うと。だから自分の素って何だろうなって考えさせられました。こういう機会が無かったら、本当に自分は裏表がないと言い切っていたと思います」と気恥ずかしげに笑った。

 東出は、逸材が多いといわれる1988年生まれに着目した同番組の800回記念特別企画「ぼくらは、1988年生まれ」(5月4日、11日の2週連続)にも出演。ほかに、広島東洋カープの前田健太投手、サッカー英・プレミアリーグ、サウサンプトンFC所属の吉田麻也選手、俳優の松坂桃李、女優の黒木メイサ大島優子、シンガーソングライターの加藤ミリヤ、そして、ニューヨークを拠点に世界で活躍するヴァイオリニストの五嶋龍ら計8人へのロングインタビューを通して、彼らの“たくましさ”の秘密に迫る。

 東出は「ちょっと前の世代、更に前の世代と比べて僕たちの世代がどうかというのは、後になってみないと分からないと思うんです。ただ、後になってみたときに『最悪の世代が最悪の世の中にしたよな』って言われないようにはしたいと思います」と生真面目に語っていた。

 海外への同行取材も行われた東出昌大の「密着篇」は、5月18日の『情熱大陸』で放送予定。同番組に3週連続で東出が登場することになる。「自分の側面を見ることの出来る良い機会と思っています。だからオンエアを見ること自体は楽しみであり恐くもあります」。

 同番組は、1998年4月に放送開始。今年5月4日に放送800回を迎える。

関連写真

  • 5月18日放送、MBS・TBS系『情熱大陸』で俳優・東出昌大の「密着篇」が放送予定(C)MBS
  • 等身大の東出昌大の“今”を感じて(C)MBS
  • 5月4日・11日放送、『情熱大陸』800回記念特別企画「ぼくらは、1988年生まれ」の出演者(上段左から)東出昌大、前田健太、黒木メイサ、加藤ミリヤ(下段左から)五嶋龍、吉田麻也、大島優子、松坂桃李(C)MBS
  • 5月18日放送、MBS・TBS系『情熱大陸』で俳優・東出昌大の「密着篇」が放送予定(C)MBS
  • 5月18日放送、MBS・TBS系『情熱大陸』で俳優・東出昌大の「密着篇」が放送予定(C)MBS
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索