乃木坂46・生駒里奈がAKB選抜総選挙に立候補

 アイドルグループ・乃木坂46生駒里奈(18)が4日、『第6回選抜総選挙』(6月7日開票、東京・味の素スタジアム)に立候補し、午後0時55分に届出が受理された。

 生駒は先日行われた『大組閣祭り』でAKBのチームBに加入することが発表され、「交換留学生」として乃木坂46とAKB48を兼任する。あわせて、SKE48チームEの松井玲奈(22)が乃木坂46を兼任することも発表されていた。

 立候補資格を有するのは(1)AKB48・SKE48・NMB48・HKT48在籍メンバー(今年3月22日までに卒業発表をしたメンバーを除く) (2)海外に専任移籍した元AKB48メンバー(仲川遥香・近野莉菜)のいずれかを満たすメンバー。大島優子や昨年初参戦した卒業生は参加資格を持っていないが、AKB48チームBを兼任する生駒は権利を持っていた。

 これに加えて、3日にお披露目されたAKB48チーム8の47人にも立候補権があることが発表された。受付期間は4月6日午後11時まで。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索