ドラマ&映画 カテゴリ

芦田愛菜「せりふ覚え悪い」 監督に暴露され照れ笑い

 子役の芦田愛菜が20日、沖縄・宜野湾を拠点に開催中の『第6回 沖縄国際映画祭』で主演映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(6月21日公開)の舞台あいさつを行った。同作で映画単独初主演となった芦田は「私でいいのかなって思いました」とまだ実感が湧いていない様子。メガホンをとった行定勲監督からは「天才子役って言われているけれど、本当はすごく努力している。台本を300回くらい読んでいて、『読み込まないとせりふ覚えが悪いんです』って言っていた」と暴露され、照れ笑いを浮かべていた。

【写真】その他の写真を見る


 監督に暴露された芦田は「そんなには読んでない」と否定しつつ、「200回くらい? 何回も読みました」と苦笑い。さらに「何回も読むと、気付かなかった(芦田が演じた)こっこの気持ちを見つけられたり、ほかの人の気持ちになって読むとわかることもある」とプロ意識の高さを見せつけた。

 さらに、行定監督は「(芦田は)努力しているのを現場で見せない。努力して才能を発揮する」といい、「(野球選手の)イチロータイプだよね」と芦田をべた褒めしていた。

 同作は西加奈子氏の同名小説を実写化。大阪を舞台に8歳の少女が家族と学校という半径数キロメートルの世界の中で考え、悩み、成長していく姿を描いたエンターテインメント作品。

関連写真

  • せりふ覚えが悪い? 監督に暴露されて照れ笑いを浮かべていた芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 行定勲監督は芦田愛菜をべた褒め (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の舞台あいさつに出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)芦田愛菜、行定勲監督=映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の舞台あいさつに (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索