ドラマ&映画 カテゴリ

和牛、『NHK上方漫才コンテスト』悲願の初優勝

 上方漫才界の有望新人(結成10年以下)を発掘するコンテスト番組『第44回 NHK上方漫才コンテスト』が14日、NHK総合(関西地域のみ)で放送され、結成8年目のお笑いコンビ・和牛(2006年8月結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)が優勝した。

 さまざまな漫才コンテストでその名は見聞きするも、いつも惜しいところで苦汁をなめてきた和牛の二人。川西賢志郎は「漫才で一等賞を獲ったことがなかった。去年もこの『上方漫才コンテスト』は準優勝で、あと一歩のところで悔しかった分、いまうれしい気持ちでいっぱいです」。水田信二も「賞獲ってなくても売れてる人がいるのはわかってるんですけれど、漫才を一生やっていくって決めているので、子どもみたいな理由ですけれど、一等は欲しいとずっと思っていた」と喜びもひとしおだ。

 1971年に始まった同番組では、オール阪神・巨人、トミーズ、ますだおかだ、フットボールアワー、笑い飯、銀シャリ、ウーマンラッシュアワーなど、現在、各方面で活躍している漫才師が栄冠を勝ち取り、飛躍の足がかりとしてきた。

 今年度は、予選出場123組から選ばれた6組(和牛のほか、インディアンス、タナからイケダビーフケーキ藤崎マーケットプリマ旦那)が本選で競いあった。準優勝はタナからイケダ(2005年9月結成)だった。

関連写真

  • 『第44回NHK上方漫才コンテンスト』優勝した和牛(左から)水田信二、川西賢志郎(C)NHK
  • 1回戦では「会話ができるスマートフォン」、決勝では「洋服屋の店員が苦手」というネタを披露した(C)NHK
  • 『第44回NHK上方漫才コンテンスト』司会は千原兄弟が務めた(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる