アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • アカデミー賞受賞『アナと雪の女王』歴史に残る3つの“初”

アカデミー賞受賞『アナと雪の女王』歴史に残る3つの“初”

 『第86回アカデミー賞』で、スタジオジブリの宮崎駿監督作品『風立ちぬ』を退け、「長編アニメーション映画賞」を受賞したディズニーの『アナと雪の女王』。ディズニー創立(1923年)90周年記念作品でもある同作は、ウォルト・ディズニーが『白雪姫』の製作に着手した1934年、ディズニーの長編アニメーションの歴史が始まってから80年を経て、その歴史に3つの足跡を残すことになった。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、アンデルセンの傑作『雪の女王』にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹を主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描く物語。アニメーションで描くのがもっとも難しいとされる雪と氷の世界が、本物を見た時よりも「本物らしさ」をより強く感じられるように表現され、これまでに体験したことのない幻想的な世界へと誘ってくれる。

◆アカデミー賞長編アニメーション賞は“初”

 『アナと雪の女王』の受賞は、意外にも、ディズニー・アニメーション・スタジオ製作長編アニメ史上“初”(長編アニメーション賞の設立は2001年の第74回)。さらに今回は、ミュージカル女優、イディナ・メンゼルが歌う主題歌「レット・イット・ゴー」が歌曲賞を獲得し、オスカー・ダブル受賞に湧いた。

 全米で昨年11月27日から公開され、すでに世界全体での興行収入が10億ドルを突破(※10億23万ドル=約1010億2300円、3月3日付 Box Office Mojo調べ、1ドル=101円換算)。歴代アニメ作品興行収入で、現在『トイ・ストーリー3』(ディズニー/ピクサー)に続く2位、ディズニー長編アニメではすでに歴代1位の記録を塗り替えている(現在の2位は『ライオン・キング』)。大きな商業的成功を収めるとともに、オスカー獲得により芸術的価値にもお墨付きを得たことになる。

◆ディズニー初の女性監督

 共同監督の一人、ジェニファー・リー監督は、ディズニー長編アニメ53作目にして“初”の女性監督。もともと脚本家だったリー氏は、2011年にディズニーに加わり、『シュガー・ラッシュ』(2012年)の脚本を担当して高い評価を受けた。続く『アナと雪の女王』にも、当初は脚本家とし参加していた。共同で監督を務めたクリス・バック監督は「『シュガー・ラッシュ』での仕事ぶりを見て、僕から脚本のスタッフにジェニファーを指名させてもらったんだ」と明かす。リー氏のコメディーセンスやストーリー構成力と、1970年代からアニメーターとしてディズニー作品に関わってきたバック監督の豊富な経験。二人の相性の良さを感じたプロデューサー陣が、製作途中でリー氏を監督に登用したのだった。

 リー監督は「ディズニー初の女性監督ということより、脚本家から監督としての仕事を任されたことにプレッシャーを感じていました。でも、素晴らしいパートナーがいてくれたので、いい仕事ができました」とバック監督に向かってニッコリ。

 バック監督も「何かを決断しなければならない時、彼女はイエスかノーか、即断するんだ。僕はちょっと考えてから答えるタイプ(笑)。ジェニファーと僕は、それぞれ強みが違うのでお互いに補完し合えるパートナー関係を築けたと思う」と彼女を讃える。こうした良い人間関係もまた、最高の作品を生む状況を作り出していたに違いにない。

◆ディズニー長編アニメ史上初のダブルヒロイン

 明るく楽観的で大胆な性格の妹アナと、生まれ持った特別な力を恐れ、自分の世界に閉じこもってしまう姉のエルサ。主人公たちのキャラクターやストーリー展開が、今を生きる女性たちの心にリアルに響き、世界的大ヒットにつながっている。それは、女性ならでは視点を持ち込んだリー監督の働きが大きい。

 今作でリー監督が目指したものは、「タイムリーでタイムレス」。今の時代にピッタリでありながら、時代を越える作品だった。リー監督は「この物語は、よくある『善』対『悪』ではなく、『愛』対『恐れ』がテーマ。敵は魔女でも怪物でもない、エルサとアナの姉妹が立ち向かわなければならないのは“恐れる心”。それは今を生きる私たちの心にもあるものです。それぞれに“恐れ”を克服し、“真実の愛”とは何かを見つけ出す物語は、現代の観客にも共感してもらえたのだと思います」と、ヒットの要因を分析している。

 『アナと雪の女王』は3月14日(金)より2D・3Dで全国公開される。

関連写真

  • 『第86回アカデミー賞』で長編アニメーション映画賞と主題歌賞を受賞したディズニーの『アナと雪の女王』(左から)ジェニファー・リー監督、クリス・バック監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アナと雪の女王』3月14日より日本公開(C)2014Disney. All Rights Reserved.
  • ディズニー長編アニメ初の女性監督として歴史に名を残すことになったジェニファー・リー氏。『アナと雪の女王』が監督デビュー作になる (C)ORICON NewS inc.
  • 『アナと雪の女王』共同監督を務めたクリス・バック監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス