• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】『永遠の0』累積売上400万部突破 同ランキング史上初の快挙

【オリコン】『永遠の0』累積売上400万部突破 同ランキング史上初の快挙

 作家・百田尚樹氏の『永遠の0』(2009年7月15日発売)が今週2/24付オリコン“本”ランキングで累積売上が402.7万部となり、2008年4月の同ランキング開始以来、BOOK(総合)部門、文庫部門、コミック部門の全部門を通じて史上初の400万部を突破した。これまでの最高は、漫画家・尾田栄一郎氏の人気作『ONE PIECE 61』(2011年2月発売)が記録した376.5万部だった。

 発売開始から長い期間をかけて着実にセールスを伸ばしてきた同作。歴代上位3作品の中で唯一、週間売上10万部を超えることのない作品だったが、昨年12月21日にV6岡田准一主演の同名映画が公開されると、2013年12/23付から1/13付まで4週連続で同売上10万部越えを記録。2013/12/9付から約2ヶ月半で100万部を売り上げ、300万部を突破していた。

 映画は、公開から8週連続で1位を獲得。最新週では順位を一つ落とし2位となるも、観客動員数600万人、興収は75億円を突破し、人気に翳りは見られない。今後書籍もこの勢いを受け、まだまだ売り上げを伸ばしそうだ。

■『永遠の0』これまでの記録
2012/10/15付:100万部突破―文庫部門歴代13作目の100万部突破
2013/5/6付:文庫部門で初1位獲得―発売から3年9ヶ月で獲得
2013/6/17付:200万部突破―『告白』『容疑者Xの献身』に次ぐ文庫部門3作目の200万部突破
2013/8/26付:文庫歴代1位―累積売上257.3万部、『告白』抜き文庫歴代1位獲得
2013/12/9付:300万部突破―文庫部門初の300万部突破
2014/1/27付:全部門<BOOK(総合)部門、文庫部門、コミック部門)通して歴代1位―累積売上376.5万部で『ONE PIECE 61』抜き全部門歴代1位



オリコントピックス