アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • いよいよソチ五輪開幕!! 白銀彩る『イケメン&美人アスリートランキング』

いよいよソチ五輪開幕!! 白銀彩る『イケメン&美人アスリートランキング』

■ランキング表はこちら

 いよいよ今月7日(現地時間)より開催される“冬季スポーツの祭典”ソチ五輪。各国の一流アスリートが国の名誉を掛けてしのぎを削るが、類まれなアスリートとしての才能はもちろん、その端正な容姿にも毎回注目が集まる。そこでORICON STYLEでは、世界に通用する『日本人選手イケメン&美人アスリートランキング』を男女別で発表。男性部門では【高橋大輔】選手、女性部門でも【浅田真央】選手と、フィギュアスケーターがそれぞれ首位を獲得。そのほかにも上位ランキングには、白銀を彩る才色兼備な美男&美女が名を連ねた。

■首位の高橋選手を筆頭に“爽やか系イケメン”がランクイン!!

 男性アスリート部門1位の高橋選手は、安定感のあるスケーティングと世界最高峰の呼び声が高い華麗なステップで長年に渡り男子フィギュア界をけん引。2010年バンクーバー五輪で銅メダル、同年トリノで開催された世界選手権では金メダルと過去の実績は十分。3大会連続出場となった今回のソチ五輪では、おそらく自身最後の五輪として万感の想いで演技に臨むはず。

 高橋選手を支持する声としては、「迫力のあるスケーティングの中の笑顔が素敵」(東京都/10代/女性)、「ケガをしているが、これまでの活躍を見ると活躍してほしい。高橋選手らしいステップを見せてほしい」(静岡県/30代/女性)、「かっこいいし、演技の中では色気も感じる。なんだかそういうオーラを発している気がします」(広島県/40代/女性)など、幅広い層から氷上での華麗な舞いに魅了されるとのコメントが届いた。また、長きに渡る膝の故障から今回のソチ大会を“最後の演技”と捉えているファンが多く、悔いの残らない形で有終の美を飾ってほしいという声も多かった。

 男性部門2位には、同じくフィギュアスケートの【羽生結弦】選手が続く。柔軟性に優れ、2種類の4回転ジャンプ(トウループとサルコウ)を飛ぶことから、ジュニア時代から次世代を背負って立つ逸材として期待されてきた羽生選手。2012年ニースで開催された世界選手権で、日本人選手最年少となる17歳3ヶ月で銅メダルを獲得するなど、期待に違わぬ活躍を見せている。その類まれなスケーティング技術はもちろん「ジャニーズばりのさわやかさに期待」(東京都/40代/女性)、「顔だけでなく全身(スタイル)が世界に通用する美しさだと思うからそれを証明してほしい」(大阪府/50代/女性)など、特に年配層からの支持が高かった。

 そのほか、男性部門のランキング上位を振り返ると、史上最多7度目の冬季五輪出場を果たすスキージャンプ【葛西紀明】選手が3位にランクイン。ソチ大会では日本選手団主将を務める“リビングレジェンド”の支持率は依然として高い。またスピードスケート【加藤条治】選手(4位)、フィギュアスケート【町田樹】選手(5位)、スピードスケート【長島圭一郎】選手(6位)など、アスリートらしく“爽やか系イケメン”たちが上位に名を連ねている。

■真央ちゃん貫録の首位!! 高梨沙羅ら次世代アスリートの台頭も顕著

 続いて女子部門を振り返ってみると、首位の浅田真央選手は『好きなスポーツ選手ランキング』でも毎年上位をキープするなど、その人気を不動のものとしている。力強くも華麗に氷上を舞う圧巻の演技力は言うまでもなく、その抜群のプロポーションは男性のみならず女性からも羨望の眼差しが向けられる。「背が高くてスラッとしていて、なんといっても演技が美しい」(埼玉県/10代/男性)、「昔は少女という感じだったのが、最近メキメキ色気が出てきたと思うので」(東京都/20代/女性)、「派手なわけではないけれど、凛としていて日本女性ならではの美しさがある」(千葉県/30代/女性)など、賞賛コメントが届いている。

 女子フィギュア界をけん引するエースとして、常に第一線で活躍してきた浅田選手だが、残念ながらソチ五輪限りで現役を引退する意向を表明。ファンにとっては非常に残念な報だが、だからこそラストとなる“氷上の舞”を目に焼き付けておきたいという声が多かった。

 続く2位には、こちらも長年に渡り女子モーグル界を一手に背負ってきた【上村愛子】選手がランクイン。冬季五輪では4大会連続入賞を果たしており、日本人初のワールドカップ年間総合優勝を達成するなど実績は十分。さらに、競技中とは異なる爽やかな笑顔が多くの支持を集めた。「愛らしい笑顔は健在。オリンピックはメダルを取れずに悔しい思いをし続けてきたので、活躍を期待している」(北海道/20代/男性)、「34歳になっても結婚しても、まだまだ可愛らしさが残っているから」(東京都/40代/男性)など、“愛子スマイル”に魅了されたという声が圧倒的。また、高い実績を誇りながら、未だ五輪大会ではメダルを獲得していないことから、今大会で悲願の初メダルを期待する声も多かった。

 そのほか上位ランキングを見ると、3位には今大会最も注目度の高いアスリートのひとりである、女子ジャンプスキー【高梨沙羅】選手がランクイン。17歳にしてW杯通算19勝という女子ジャンプシーズン最多勝記録を保持していることから、冬季五輪で日本人最年少の金メダリストを期待する声が高い高梨選手。アスリートとしての才能はもちろんのこと、あどけなさが残る“無垢な笑顔”も人気の要因といえる。また、次世代女子フィギュアの筆頭である【村上佳菜子】選手(4位)、ソチ五輪の旗手も務める女子カーリング【小笠原歩】選手(5位)など、人気と実力を兼ね備えたアスリートたちが並んでいる。  男女ともに多くの種目で“世代交代の場”となることが予想される今回のソチ五輪。あえて徒花となり後進に身を譲る選手、新たな“時代の寵児”としてさらに輝きを増す選手など、その自己表現はさまざまだろう。だが共通するのは、やはり“観る者を感動させる美しさ”。今回のソチ大会でも、改めてそのことを実感できることだろう。

TOP10ランキング表

【調査概要】
調査時期:1月24日(金)〜1月28日(火)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



関連写真

  • 世界最高峰のステップに期待! 高橋大輔選手 (C)ORICON NewS inc.
  • 羽生結弦選手、華麗な演技で世界を魅了できるか? (C)ORICON NewS inc.
  • “最後の五輪”で有終の美を! 浅田真央選手 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス