アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 「バカもーん!」で永井さん出棺 告別式に約400人参列

「バカもーん!」で永井さん出棺 告別式に約400人参列

 人気アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)の波平の声などで知られ、先月27日に亡くなった声優の永井一郎さん(享年82)の葬儀・告別式が3日、東京・青山葬儀所にてしめやかに営まれた。当日は、“磯野家”のメンバーや声優関係者など400人が弔問に訪れ、最期の別れを告げた。

【写真】その他の写真を見る


 出棺時には、弟の永井二郎さんが「最後に一つだけお願いがあります。波平の口癖であった『バカもん』という言葉で送ってやりたいと思います。みなさん一つ声を張り上げてご唱和願いたいと思います」と呼びかけると、会場から「バカもーん!」と大きな声が響き渡った。故人を送り出す際には、すすり泣く声も漏れていた。

 永井さんの棺には、6月に予定していた朗読劇の台本、アニメ『YAWARA!』で猪熊柔を担当した声優の皆口裕子からの手紙、チョコレート、ベルギーの人形などが入れられた。祭壇は、青や白のバラ、スイートピーなど約3000本の花で“波”を表現し、『サザエさん』45周年記念パーティーのために作られたという波平のパネルや、芋焼酎が置かれた。

 初代マスオ役の近石真介は「つい一月くらい前に会ったのですが、どっちが長生きするかなんて冗談をよく言っていた。あいつとは戦友みたいなもの」といい、「あいつは(声の仕事に)独特な考え方を持っていて、声優としてのプライドを持っていました。頑固なくらいで、そういうところが好きでした」と無念をにじませた。

 2代目ワカメを担当した野村道子は「会いたかったです。2年くらい会っていなかったので…。永井さんはとにかく優しかったです。少年みたいにムキになることもありましたが、とにかく優しかった」と故人を偲んだ。



関連写真

  • 出棺の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 400人が弔問に訪れた (C)ORICON NewS inc.
  • 初代マスオさん・近石真介 (C)ORICON NewS inc.
  • 2代目ワカメちゃん・野村道子 (C)ORICON NewS inc.
  • 永井一郎さんの葬儀・告別式に出席したマスオさん・増岡弘 (C)ORICON NewS inc.
  • 永井一郎さんの葬儀・告別式に出席した浦沢直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 永井一郎さんの葬儀・告別式で弔辞を読んだ加藤みどり (C)ORICON NewS inc.
  • 永井一郎さんの葬儀・告別式で「お別れの言葉」を読んだ(左から)加藤みどり、冨永みーな (C)ORICON NewS inc.
  • 永井一郎さんの葬儀・告別式で「お別れの言葉」を読んだ(左から)加藤みどり、冨永みーな (C)ORICON NewS inc.
  • 永井一郎さんの葬儀・告別式で弔辞を読んだ冨永みーな (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス