アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 草なぎ剛、19.4%の高視聴率刑事ドラマ第2弾決定

草なぎ剛、19.4%の高視聴率刑事ドラマ第2弾決定

 SMAP・草なぎ剛が初の刑事役に挑戦したテレビ朝日系ドラマの第2弾『スペシャリスト2』が、3月8日(後9:00)に放送されることが27日、わかった。昨年5月に土曜ワイド劇場特別企画として放送された第1弾は、19.4%の高視聴率を記録。草なぎは「前作を多くの皆さんに見ていただけたからこその、パート2だと思いますので、その思いや情熱を作品に注ぎ込めるように頑張りたいと思います!」と張り切っている。

 前作は、ある事情から無実の罪をかぶり、10年間刑務所に入っていた京都府警職員の宅間善人(草なぎ)が出所後、京都府警に設けられた特別捜査係に配属されるところからスタート。宅間は、刑務所にいる間に犯罪者の「犯行の手口」「犯罪に使う技能」「犯罪に走った背景や心理的傾向」などを分析し、すべてをデータとして記憶に焼き付ける、という特異な能力を開花させた、犯罪者の心理を知る“スペシャリスト”となっていた。

 そんな彼が、元捜査一課の“おばさん刑事”姉小路千波(南果歩)とコンビを組まされる。千波は、刑事だった夫を殉職で失うという過去を持ち、犯罪被害者の気持ちに寄り添うことができる“スペシャリスト”。対照的な二人が反発しながらも協力し、同じく特別捜査係に集められた元捜査二課の松原唯子(芦名星)、元警備部の堀川耕平(平岡祐太)、そして元鑑識課の猪熊佐千夫(佐戸井けん太)らとともに事件の捜査に挑んだ。

 第2弾は、事件もキャストもさらにスケールアップ。京都の街に出現したアルファベットと数字で書かれた謎の暗号を探り始めた矢先、暗号の地点で死体が見つかる――。ゲストに、上川隆也黒谷友香前田美波里長谷川初範名高達男らが出演し、事件にどのように絡んでくるのか注目される。

 草なぎは「前作よりもさらにストーリーが複雑になっていて…実は僕、まだ犯人が誰だかわかっていないんです」と思わせぶり。「そんなところも宅間っぽいでしょ? 何を考えているのかわからない、飄々(ひょうひょう)とした宅間らしく、今回も演じていきたいと思います!」と意気込んでいる。

 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。



オリコントピックス