• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 野村周平、初主演作『クジラのいた夏』ビジュアル初公開

野村周平、初主演作『クジラのいた夏』ビジュアル初公開

 人気急上昇中の若手俳優・野村周平が初主演する映画『クジラのいた夏』の公開日が5月3日に決定し、キービジュアルが初公開された。

 同作は、大人になりきれない若者たちが成長していく姿を、ほろ苦い感動とともに描き出す青春ストーリー。監督・脚本は、井筒和幸監督のもとで助監督を務め、『旅立ちの島唄〜十五の春〜』『江ノ島プリズム』などのメガホンをとった吉田康弘監督。野村とは『江ノ島プリズム』に続いての再タッグとなる。そのほかのキャストには、野村、浜尾のほか、松島庄汰、松岡卓弥、ヒロイン役に佐津川愛美など、若手の注目俳優が名を連ねる。

 この日公開されたキービジュアルでは、大人になった野村演じるチューヤたちが海をバックに思い思いのポーズで並んでいる。それぞれの登場人物には「チューヤ、東京に行くんだってよ。」「えっ、あいつが何しに!」「でも本当は行きたくないらしいよ。」「何だそれ(笑)」という会話が記されており、モラトリアムな日々を過ごしている青年たちの様子がうかがえる。

関連写真

  • 公開日が5月3日に決定した『クジラのいた夏』

オリコントピックス