アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • E-girls、メンバー10人がドラマ初主演 『恋文日和』1月放送開始

E-girls、メンバー10人がドラマ初主演 『恋文日和』1月放送開始

 ガールズユニット・E-girlsのメンバー10人が、来年1月6日スタートの日本テレビ系オムニバスドラマ『恋文日和』(毎週月曜 深1:29〜1:59)で初主演を務めることが18日、わかった。大みそか恒例「第64回NHK紅白歌合戦」の出場を決めるなど、今年一年で顔と名前が全国に知れ渡ったメンバーたちがドラマに挑戦する。

 同作は、2005年に第29回講談社漫画賞少女部門を受賞した、漫画家・ジョージ朝倉氏の人気コミック「恋文日和」(講談社)を題材にしたオムニバス作品。ドラマはお洒落かつ自由な校風が世間からうらやましがられる学校で繰り広げられる青春ラブストーリーで、E-girlsの藤井萩花(19)、須田アンナ(16)、武田杏香(14)、佐藤晴美(18)、石井杏奈(15)、藤井夏恋(17)、山口乃々華(15)、楓(17)、坂東希(16)、Shizuka(25)の10人が各話毎に主役を演じる。

 第1話に出演する藤井萩花は「男女世代関係なく、色々な捉え方が出来て凄く面白いので見終わった後には、なにかのパワーや勇気になったりする作品になればいいなと思います」とアピールし、「今回は初めてE-girls一人ひとりが主演ということで、凄く不安やプレッシャーもありますが、メンバーみんなで作り上げたいと思います」と力を込めた。

 最終話で主役を務めるShizukaは「キュンとする素敵な気持ちや少し切ない世界観を、私も含めE-girlsメンバーそれぞれが持つ個性を存分に発揮して楽しみながら創っていきたいと思っています!」と意気込むと、「心込めて体当たりで挑戦していおりますので、最初から最後まで観ていただけたらうれしいです!」と呼びかけている。

 メンバーたちは、それぞれ主役回以外にも同じ学校の生徒役として毎回どこかでチラリと登場。そのほかにも、彼女たちの珠玉の楽曲群がドラマを彩り、制服姿をはじめ、ポップでキュートなコスチュームが各回楽しめるのも見どころの一つとなる。



関連写真

  • ドラマ初主演が決定したE-girls(上段左から時計回りに)Shizuka、楓、藤井夏恋、須田アンナ、藤井萩花、山口乃々華、石井杏奈、武田杏香、佐藤晴美、坂東希
  • 『恋文日和』原画(C)ジョージ朝倉/講談社

オリコントピックス