ドラマ&映画 カテゴリ

シャンプーハット・小出水、『IPPONグランプリ』への出場権を獲得

 お笑いコンビ・シャンプーハットの小出水が、16日午後、フジテレビで放送された『IPPONスカウト』で優勝し、23日放送の『IPPONグランプリ』(後9:00)への出場権を獲得した。『〜グランプリ』は、大会チェアマンを松本人志が務め、大喜利が好きな10人の芸人が、シンプルに大喜利のみを行い、チャンピオンを決めるバラエティー。そして、『〜スカウト』は、全国から大喜利が得意な芸人を発掘するプロジェクト。

【写真】その他の写真を見る


 過去最多となる芸人1631人が参加し、大激戦となった「全国一斉大喜利ペーパーテスト」を見事に制した小出水は、初出場を決めた喜びを「8割のうれしさと、2割の恐怖でしたね。これまで、『IPPONグランプリ』の出場のために頑張っていましたが、実際に決まってビビリました」と話した。

 2割の恐怖は「会場の雰囲気や、周りのメンバーにも恐怖を感じたのですが、一番の恐怖は、“一本、取れないんじゃないか”ということですね。0本の可能性も十分にありますから」と率直に語り、本大会に向けて「3人の子供たちには、“俺を目指せ!”と言いたいです(笑)」と気合を入れ直していた。

 2009年12月に深夜番組として放送されると、その単純明快なコンセプト、一筋縄ではいかない問題、そして出場者たちの面白い解答などが反響を呼び、「第38回放送文化基金賞 優秀賞」を受賞した。

 その後も回を重ね、2011年1月放送の第4回大会では午後10時からの放送に昇格。2011年6月放送の第5回大会以降は、午後9時からの「土曜プレミアム」枠での放送がレギュラー化しており、今回の放送が記念すべき第10回大会となる。

 23日の本大会には、小出水以外にもウド鈴木(キャイ〜ン)、大久保佳代子オアシズ)が初出場。Aブロックに有吉弘行小木博明、大久保、徳井義実チュートリアル)、高橋茂雄サバンナ)、Bブロックにバカリズム又吉直樹ピース)、ウド、小出水、設楽統バナナマン)に別れ、各ブロックで大喜利を行う。両ブロックから最も「一本」を取った数の多いプレーヤーが決勝に進出し、チャンピオンを決定する。

関連写真

  • 11月23日放送『IPPONグランプリ』への出場権を獲得したシャンプーハットの小出水
  • 『IPPONグランプリ』は11月23日放送(左から)徳井義実、小木博明、設楽統、小出水、ウド鈴木、大久保佳代子
  • 『IPPONグランプリ』は11月23日放送

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索