アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • ライダー俳優・永瀬匡、大河ドラマで不倫騒動巻き起こす

ライダー俳優・永瀬匡、大河ドラマで不倫騒動巻き起こす

 9月まで放送されていた『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系)の仮面ライダービースト役で人気の俳優・永瀬匡(ながせ・たすく/20)が、NHK大河ドラマ『八重の桜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第44回(3日放送)、第45回(10日放送)の2回にわたり出演する。

 八重(綾瀬はるか)の兄・山本覚馬(西島秀俊)のもとをたずねてきた斗南(現在の青森県)の書生・青木栄二郎役で、同志社で学ぶため山本家で住み込みを始めるが、覚馬の妻・時栄(谷村美月)に思いを寄せるようになり、やがて山本家にある騒動を引き起こす重要な役どころ。

 永瀬は「台本を読んだときは、青木はひどいやつだなと思いましたが、男として『ああ、わかるな』と共感できる部分もあったり…。でも、人のものは取ろうとしてはいけませんよね」と苦笑い。「青木栄二郎という役を通して、男の弱さだったり、人間の弱さを伝えられたらと思います」と話した。

 大河ドラマで今日的な“不倫”を扱うのは異例のこと。しかし、史実として残っているエピソードでもあり、ドラマで時栄と青木の不倫関係、そして八重がとった行動がどのように描かれるのか注目される。

 『仮面ライダーウィザード』後、初のドラマ出演となった永瀬は「撮影では、素晴らしい共演者の方々から“現場でのあり方”を学ぶことができました」と充実の表情。『〜ウィザード』も途中からの出演だったが、今回も「途中参加ですが、皆さんが第1回から今まで築き上げてきたものを大事にしたかったので、現場でカメラが回っていないところでも、自分の“あり方”には気をつけました」と振り返った。



関連写真

  • 仮面ライダービーストの永瀬匡が黒髪七三分けの書生に! 大河ドラマ『八重の桜』第44回(11月3日放送)、第45回(11月10日放送)の2回にわたり出演(C)NHK
  • 青木(永瀬匡)の登場により八重(綾瀬はるか)たち家族の在り方も変化していく(C)NHK
  • 第44回(11月3日放送)、第45回(11月10日放送)の2週連続出演(C)NHK

オリコントピックス