アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『劇場版 あの花』、スクリーンアベレージ1位の大ヒットスタート

『劇場版 あの花』、スクリーンアベレージ1位の大ヒットスタート

 8月31日に全国64館で封切られたアニメ映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。興行通信社が2日発表した『全国映画動員ランキングトップ10』では初登場3位だったが、スクリーンアベレージ(1スクリーンあたりの興行収入)は309万6527円で、公開中の作品トップの成績だったことがわかった。

 オープニング記録は、8月31日、9月1日の2日間で動員数16万1225人、興行収入1億9817万7700円。『全国映画動員ランキング』では、スタジオジブリ・宮崎駿監督の『風立ちぬ』(公開7週目)、スーパーマンを新たに映画化した『マン・オブ・スティール』(31日公開、全国610スクリーン)の大作に続いて3位に初登場し、小規模な公開館数ながら、大ヒットスタートを切った。

 同作は、2011年にフジテレビ「ノイタミナ」で放送され、“大人が泣けるアニメ”として話題を呼んだテレビシリーズに1年後の物語を加えて映画化。ある事故で亡くなってしまった少女・めんま(本間芽衣子/CV:茅野愛衣)が、願いをかなえてほしいと突然、主人公のじんたん(宿見仁太/CV:入野自由)の前に現れることから始まる仲良し6人組のひと夏の奇跡を描く。



関連写真

  • 映画になっても大ヒット『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(C)ANOHANA PROJECT
  • 8月31日、東京・新宿バルト9では主要キャストによる初日舞台あいさつが行われた(左から)櫻井孝宏、戸松遥、入野自由、茅野愛衣、早見沙織、近藤孝行

オリコントピックス