アニメ&ゲーム カテゴリ

“ピカチュウ・ザ・ムービー”シリーズ累計興収700億円突破!

 1998年公開の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』からスタートし、今夏16作目の『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」』が公開中の“ピカチュウ・ザ・ムービー”。この夏休み映画の定番シリーズの累計興行収入が700億円を突破したことが8日、明らかになった(配給の東宝調べ)。

 『ミュウツーの逆襲』から昨年の『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』まで、全15作品の興行成績は、総動員数約6421万人、総興収680.3億円(平均興収45億円)。7月13日に公開された最新作が、8月6日までの公開25日間で190万人を動員、興収19.7億円を突破し、あわせて700億円を超えた。今作の最終興収も30億円以上が見込まれている。

 この一報を受けて、シリーズ16作品すべてに出演している声優・タレントの山寺宏一は「またまたスゴい記録を打ち立てたのですね! おめでとうございます! それだけたくさんの方々が劇場に足を運んで下さったという事で、毎回出演させて頂いている僕も本当にうれしく思います。ポケモンに関わるたくさんの方々の、たゆまぬ努力と熱い思いに拍手!」と祝福コメント。

 最近の7作品に連続出演している歌手・タレントの中川翔子も「性別・世代・次元を越えて、たくさんの子どもたちと大人たちに、いつも新しい夢と笑顔を与えてくれるポケモン映画! この偉大なる数字に感動しています。ポケモン映画は、みんなの心を繋いでくれる、素晴らしい日本の文化であると思います。ポケモン映画がある今の地球に生まれて、そして声優として関われて、本当にうれしく思います。これからも過去と未来を繋ぐ素晴らしいポケモン映画が、永遠に続いていくことを楽しみにしています! 私も、末代まで、我が子孫たちと、ポケモン映画をずっと楽しんでいきたいです」と興奮ぶりを伝えている。

関連写真

  • 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』公開中(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon(C)2013ピカチュウプロジェクト
  • 同時上映「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon(C)2013ピカチュウプロジェクト

オリコントピックス

 を検索