• ホーム
  • 映画
  • ドラマ版『山田くんと7人の魔女』新キャスト発表 大野いと、松井愛莉ら

ドラマ版『山田くんと7人の魔女』新キャスト発表 大野いと、松井愛莉ら

 モデル・女優の西内まりや(19)主演、俳優・山本裕典(25)が出演するフジテレビ系ドラマ『山田くんと7人の魔女』(8月10日スタート、毎週土曜 後11:10)の出演者が追加発表された。

同作は、『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の古河美希氏による人気漫画を実写化。学校で一番成績優秀な白石うらら(西内)が、ひょんなことから、元不良で学校イチの問題児・山田竜(山本)と心と体が入れ替わってしまうところから話が始まる、ちょっとエッチな学園青春ラブキス・コメディー。キスで自在に入れ替わる二人は、やがて、キスで特殊能力が発動する7人の魔女探しをすることになる。

 高校2年生で超常現象へのほとばしる思いで周囲を引かせている伊藤雅役にはトリンドル玲奈(21)が決定。「共演者の皆さんは同世代ではありますが、役者としては先輩ばかりなのでたくさん勉強させていただくつもりです! 今までに演じたことのないくらい、明るくて表情豊かな役なので、精一杯演じきって皆さまに愛される“伊藤雅”になれるように頑張ります♪ 」と意気込む。

 高校3年生で何を考えているか分かりにくいタイプの生徒会長・山崎春馬役には徳山秀典(31)。過去に何かあったのか、権力に渇望し、学園に残る魔女伝説について唯一知ることのできる生徒会長役をクールに演じていく。徳山は「“31歳でも学生できるんだ!”と、うれしさがあふれ、時間と共に逆に本当に大丈夫なのかなぁ。と、不安もありましたが、とことん! 楽しまなきゃ損!」とやる気満々だ。

 西内とともに“7人の魔女”を演じるのは、生徒会副会長・小田切寧々(高2)役の大野いと(18)、内気で臆病な大塚芽子(高2)役の美山加恋(16)、滝川ノア(高1)役の松井愛莉(16)、帰国子女の猿島マリア(高2)役の小島藤子(19)、生徒会長秘書・飛鳥美琴(高3)役の小林涼子(23)。7人目の魔女・西園寺リカ役のキャストは現時点では伏せられている。

 ほかに、生徒会副会長・宮村虎之介(高2)役に井出卓也(22)、山田の中学時代からの幼なじみ・五十嵐潮(高2)役に間宮祥太朗(20)、ドラマのオリジナルキャラクターで生徒会書記・猪瀬潤(高2)役に永江祐貴(22)が出演する。

 男も女も入り乱れてキス三昧という型破りなストーリー展開を軸に、7人の魔女の秘密を探るミステリー、学園青春ものならではの友情と恋愛を、ドラマオリジナルのキャラクターを織り交ぜながら描いていく。



オリコントピックス