アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松本潤主演で嵐が歌う「ふるさと」ドラマ化

松本潤主演で嵐が歌う「ふるさと」ドラマ化

 人気グループ・松本潤主演で、昨年末の『NHK紅白歌合戦』で歌った「ふるさと」をモチーフにしたスペシャルドラマ『はじまりの歌』(9月23日放送、後7:30)が制作されることが15日、明らかになった。松本がNHKのドラマに主演するのは初となる。

 「ふるさと」は、2010年の『紅白』で生まれたオリジナルソングで、昨年、放送作家・脚本家の小山薫堂氏が新たな歌詞を書き下ろした。日本の素晴らしさ、故郷の尊さを若い世代の視点から歌い上げた曲で、80回を迎える今年度の『NHK全国学校音楽コンクール』小学校の部課題曲にもなっている。

 ドラマは、東京でフリーカメラマンをしている主人公の航(わたる)が、久しぶりに故郷に帰り、合唱コンクール出場を目指す小学生たちや元彼女の小学校教師、幼なじみ、家族らと触れ合うことで、再び人生の夢を取り戻していくストーリー。合唱の楽しさと、故郷の想いが詰まった作品になる。

 共演は、榮倉奈々、戸田菜穂、尾上寛之、石田卓也、徳永えり、由紀さおり、國村隼ほか。

オリコントピックス