アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松嶋菜々子「前髪切って」臨む 『救命病棟24時』第5シリーズ

松嶋菜々子「前髪切って」臨む 『救命病棟24時』第5シリーズ

 救命医療を題材にしたドラマシリーズ『救命病棟24時』(フジテレビ系)が4年ぶりに帰ってくる。7月9日スタートの第5シリーズ(毎週火曜 後9:00)の主人公は女優・松嶋菜々子演じる小島楓。「役づくりというほどのことではありませんが、第1シリーズから楓は前髪があるのでヘアスタイルは統一しようと思って前髪を切りました(笑)」と話す松嶋からは余計な気負いは感じられず。撮影も順調に進んでいるという。

 今作の楓は、国立湊大学附属病院の救命救急センターの“救命チーム”を作るために、2009年放送の前シリーズと同じく医局長という立場で新たな現場に立つことになる。チームワークがバラバラの救命センターの中で日々苦悩しながらも、命と真摯に向き合う姿を描いていく。

 「第1シリーズから観てくださっている方にも、新しい視聴者の方にも、患者やその家族に寄り添いながら、それぞれの立場で感情が交錯する医師や看護師たちの群像劇として楽しんでいただけると思っています。楓の、人の命を助けたいという強い意志と、患者と真摯に向き合う姿勢は、研修医の頃から一貫して変わっていないところ。さらに今作では、医師としてだけではなく、一人の人間として臓器移植について葛藤するところも見どころのひとつです」。

 前シリーズでは医師不足、病床不足、救急車のたらい回し、医療ミスといった救命救急の崩壊をテーマに疲弊しきった日本の救命医療の現実をえぐり出し、ドラマに新しい可能性を拓いた。今シリーズでは、新しい都市型犯罪、少年少女の非行、臓器移植法改正による脳死臓器移植の問題など、現代の大都市・東京の救命医療を取り巻く“2013年ならでは”の新しい課題を中心に“いま”だからこそ起こりうる、あらゆる事例を盛り込んでいく。

 松嶋は『やまとなでしこ』、『美女か野獣』(ともに同局系)、そして驚異的な高視聴率を獲得した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)など、数々の主演ドラマでヒットを飛ばしてきた。

 「『救命病棟24時』シリーズだけが特別ということではなく、役の人生を演じきるという意味ではどの作品にも等しく思い入れがあります。けれど、自分の作品がシリーズ化され、こんなにも長く愛されているのはとっても幸運なこと。視聴者の皆さんをはじめ、救命シリーズを支えて下さった全ての方々に感謝します」。



関連写真

  • 松嶋菜々子演じる小島楓が帰ってくる『救命病棟24時』第5シリーズ7月9日スタート
  • 新シリーズでは、チームワークがバラバラの救命センターの中で日々苦悩しながらも、命と真摯(しんし)に向き合う姿を描いていく
  • 第5シリーズのメインキャスト(左から)時任三郎、松嶋菜々子、佐々木蔵之介

オリコントピックス