ドラマ&映画 カテゴリ

『警部補矢部謙三 2』初回8.8% 前作超えならず

 テレビ朝日系ドラマ『警部補矢部謙三2』(毎週金曜 後11:15※一部地域で異なる)の初回が5日に放送され、番組平均視聴率が8.8%だったことが8日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 3年ぶりの新作映画(来年1月公開)でシリーズの完結が発表されたばかりの『トリック』シリーズから生まれたスピンオフ作品にして、連続ドラマの新シリーズ。権力と金にはめっぽう弱いが、目下の人間には理不尽なまでに強気という前代未聞の刑事・矢部謙三が、部下の手柄と迷推理によって難事件を解決する様を描く。

 2010年4月〜5月に放送された前作は、初回視聴率11.7%、全6話平均10.7%(同上)と、深夜ドラマとしては異例の高視聴率を記録。今作では新レギュラーとして警視総監の娘である少女(畠山彩奈)が登場。明晰な頭脳を駆使して凶悪事件の真相に迫り、手柄を横取りしようとする矢部と丁々発止の攻防を繰り広げていく。

 さらに、矢部の上司には恐妻家の警視総監(大和田伸也)が新たに就任。少女から聞き出した父親の浮気ネタを元に警視総監を脅し、自身の出世の便宜を図らせようとする矢部と、警視総監の浮気ネタを教える代わりに矢部の捜査に参加したい天才少女。そして、浮気ネタで脅す矢部を殉職させるため、毎回凶悪事件の最前線に矢部を送りこもうとする警視総監。三者三様、それぞれの思惑が絡み合う今後の展開が注目される。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索