• ホーム
  • 映画
  • 中谷・松下・戸田のトリプル主演で湊かなえ原作『花の鎖』ドラマ化

中谷・松下・戸田のトリプル主演で湊かなえ原作『花の鎖』ドラマ化

 女優の中谷美紀松下奈緒戸田恵梨香のトリプル主演で、人気作家・湊かなえ氏の禁断の超大作『花の鎖』(文藝春秋)がドラマ化され、今秋、フジテレビ系で放送されることが3日、明らかになった。

 中谷演じる美雪は、慎ましくも幸せな新婚生活を送っていたが、ある陰謀に巻き込まれ、夫が急死。松下演じる失業中の英語教師・梨花は、祖母の手術代を工面するため、毎年豪華な花束を贈ってくる「あしながおじさん」の「K」を探し始める。戸田演じる古風な女子大生・紗月は、最愛の男性から突然生死に関わる決断を迫られて…。三者三様の人生を生きてきた女性たちのある秘密が紐解かれ、謎の男「K」の正体が明らかになる時、すべての物語が鎖のようにつながり、感動の大どんでん返しが幕を開ける。

 湊氏は「3人の女性の凜とした生き様と、花が引き寄せる人と人とのつながりを描いた作品です。ぜひ、お楽しみください」とドラマ化に期待を寄せる。中谷も「良きにつけ悪しきにつけ、人は人とのつながりなしには生きては行けないものなのだと、あらためて気付かされました」と見どころを語っている。

 「泣き芝居が多くて大変」という戸田は「前を向いて歩んでいく、というのがすごく大切だということをあらためて感じました」。物語の語り部として、真相に迫っていく役割も担う松下は「人間のあまり見せたくはないところ、嘘をつくところだったり、ずるいところだったりといったところが描かれていて面白い」と話している。

 戸田の相手役に松坂桃李、松下の相手役に要潤、中谷の夫役に筒井道隆、松下演じる梨花の祖母役に草笛光子が出演。多くを語らない祖母のみが知る事実、祖母が知らない事実がこの3人の物語を解決していくために大事な鍵となる。

 演出は、『Dr.コトー診療所』『プライド』『眠れる森』ほかなどの中江功監督が務め、雄大かつ叙情的な映像で、「誰にも言えない秘密」を抱えた3人の女性の人生を壮大なスケールで描いていく。脚本は『胡桃の部屋』『マグマ』『眠れる森の熟女』など社会派からラブコメディまで幅広く活躍する篠崎絵里子氏が担当した。



オリコントピックス