アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 広斗とハッピーエンド!『ラスト・シンデレラ』最終回番組最高17.8%

広斗とハッピーエンド!『ラスト・シンデレラ』最終回番組最高17.8%

 女優の篠原涼子主演のフジテレビ系ドラマ『ラスト・シンデレラ』(木曜 後10:00)の最終回(第11話)が20日に放送され、番組平均視聴率17.8%を獲得したことが21日、わかった。前週放送の第10話の16.1%を上回り、番組最高視聴率を記録した。瞬間最高視聴率は午後10時56分、57分、59分にマークした20.9%。自分の本当の気持ちに気づいた桜(篠原)が凛太郎(藤木直人)に一緒にニューヨークには行けないと告白し、広斗(三浦春馬)のもとへ駆けつけた、まさにクライマックスのシーンだった。

 初回(4月11日)13.3%でスタートし、第7話の15.7%まで一度も数字を落とすことなく視聴率がアップ。視聴率がデータ化された1989年以降、民放の連続ドラマで史上初の快挙を成し遂げた。第8話は14.8%だったが、第9話15.9%、第10話16.1%と再浮上。全11話の平均視聴率は15.2%となった。(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)

 同ドラマは、10年間彼氏がいなかった恋に不器用な「おやじ女子」の主人公の桜が、年下の男性・広斗との出会いをきっかけに、恋に仕事に奮闘する姿を、女の本音・男の本音とともに描いた大人のラブコメディ。

 最終回は、ニューヨークに転勤が決まり、桜に一緒に来てほしいと言う桜の同僚・凛太郎と年下の彼氏・広斗との間で心揺れる桜の姿を中心に、桜の親友・長谷川志麻(飯島直子)は、お見合い相手の近藤卓(KEIJI・EXILE)と、同じく親友の美樹(大塚寧々)は、夫・公平(遠藤章造)と幸せな道を選び、心を閉ざしていた千代子(菜々緒)は、前向きに生きていくことを決意する。そんな中、桜は自分の広斗への気持ちにあらためて気がつき、けがをしながらもBMXの全国大会で優勝した広斗のプロポーズを受け入れ、桜と広斗が結ばれるというハッピーエンドだった。

 ドラマ内のお色気シーンを集めたYouTubeの番組公式動画『ラスト・シンデレラ〜お色気編〜』は、掲載から約1ヶ月で、再生回数が約200万回を記録したり、過去の放送を有料配信している「フジテレビオンデマンド(FOD)」では、放送10週目で連続ドラマ売上ランキング歴代1位(自社サイトのみ)となるなど、口コミやネットの書き込みなどを通じて内容のおもしろさが広まって、話題が話題を呼び、リアルタイム視聴を後押し。

 ドラマ後半になると、桜が広斗と凛太郎のどちらと結ばれてほしい!という意見が公式HPなどに殺到し、その声を受けて10話放送後から最終回放送中まで「桜は、広斗と凛太郎のどちらを選ぶか?」という緊急投票を実施。約375万票という驚異的な投票総数となった。

⇒⇒ 藤木直人のファンクラブ情報



オリコントピックス