• ホーム
  • 映画
  • 柏原崇も17年ぶり『イタキス』に出演「恩返しができれば」

柏原崇も17年ぶり『イタキス』に出演「恩返しができれば」

 CS放送「フジテレビTWO」で放送中の『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』(毎週金曜 深0:00、全16回)に、1996年にテレビ朝日で放送された『イタズラなKiss』でヒロインを演じた佐藤藍子のゲスト出演(第10話)に続き、相手役を演じた柏原崇がワンカットだけ出演することが20日、わかった。

 故・多田かおるさんの同名漫画を原作にした、IQ200の天才イケメン・入江直樹に恋をした女子高生・相原琴子の一途な片想いを描いたラブコメディ。日本で2度目、台湾(2005年)、韓国(2010年)でもドラマ化され、アニメ(2008年)も含めると5度目の映像化となる。本作の琴子は未来穂香、直樹は古川雄輝がそれぞれ演じている。

 “イタキス”の魅力のひとつは、直樹のツンデレぶり。社長令息、スポーツ万能で美少年、性格はスーパークールだが、ヒロインの琴子だけにたまにみせる優しさが世代も国境も越えて女性を虜にしてきた。そんな直樹を最初に演じたのが、当時19歳だった柏原で、ハマリ役だった。

 柏原は「原作の多田先生には当時よく撮影現場に来ていただき、勇気をもらっていたのでちょっとでも恩返しができればと思って」と思いを馳せ、「当時、台湾での反響がすごく、台湾から仕事のオファーが数多く来ましたね。そういった意味でも“イタキス”という作品に感謝の意味を込めて今回出演させていただきました」。

 17年ぶりの本作で柏原は、医師役で第15話(7月12日放送)に出演。古川演じる直樹と廊下ですれ違う印象的なシーンが描かれる。原作では直樹が将来医師になるという設定になっており、白衣姿の柏原はまさに前作の入江が医師として成長した姿のようだ。

 直樹役の古川に対しては「古川さんは背が高く、その立ち姿など漫画から出てきたようで、2013年の入江直樹に会えてうれしい」と話していた。

 同ドラマはフジテレビオンデマンドでも配信中(毎週水曜16時更新)。
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4477/



関連写真

  • 柏原崇が17年ぶり『イタキス』に出演。7月12日放送の『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』第15話に登場(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ(C)「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」製作委員会
  • 『イタズラなKiss〜Love in TOKYO <ディレクターズ・カット版>』DVD-BOX1は8月28日、DVD-BOX2は9 月25 日発売

オリコントピックス