• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • Sexy Zone・中島が映画初主演 ドラマ『BAD BOYS J』が映画化

Sexy Zone・中島が映画初主演 ドラマ『BAD BOYS J』が映画化

 ジャニーズ最年少5人組ユニット・Sexy Zone中島健人(19)初の主演ドラマ『BAD BOYS J』(毎週土曜 深0:50 日本テレビ系)が、今年11月に映画化されることが13日、わかった。ドラマに続き、映画初主演を果たす中島は「ドラマだけで終わらせたくないというのが僕の希望だったので、本当に幸せ、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜んでいる。

 同作は、漫画誌『ヤングキングコミックス』(少年画報社)で連載されていた田中宏氏の同名原作コミックを実写化。今年4月にドラマがスタートし、今月22日に最終回を控えるなか、ファンからの「続きが見たい」「終わってほしくない」という要望を受けて映画化が決定した。

 劇場版では、不良グループ「極楽蝶」のリーダー・桐木司(中島)、広島ナンバー1グループ“ビイスト”を率いる最強の男・段野秀典(Kis-My-Ft2・二階堂高嗣)、極楽蝶と対立する“廣島ナイツ”のリーダー・ヒロ(A.B.C-Z橋本良亮)のトップ3人の前に、新たな強敵が現れ、壮絶な闘いと熱い友情物語を展開していく。

 メインキャストをはじめ、チームを支える幹部役で出演するジャニーズJr.のメンバー、トップたちを支えるレディースの乃木坂46トリンドル玲奈板野友美がドラマに引き続き登場。さらに映画からの新キャストも物語を盛り上げていく。

 中島は「桐木の役どころとして、誰かを守るために強くなれる、大切な人のためだったら命を燃やすくらい闘っているので、そこを強調していきたい」と早くも気合十分。「10代最後の年に、最高の19歳の年を過ごせています」と日々の充実ぶりを明かし「この作品にめぐり合えて、自分自身もっとまい進していこうと改めて思うことができました」と胸を躍らせている。

 劇場版『BAD BOYS J』は11月9日より公開。

オリコントピックス