• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン上半期】百田尚樹氏『永遠の0』、発売4年目で「文庫部門」初首位

【オリコン上半期】百田尚樹氏『永遠の0』、発売4年目で「文庫部門」初首位

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 2009年7月発売の作家・百田尚樹氏の『永遠の0』(講談社)が上半期84.1万部を売り上げ、オリコン2013年上半期“本”ランキング「文庫部門」で1位を獲得した。昨年上半期の213位から大幅にランクを上げ、発売から4年目で初の首位に輝いた。

 百田氏は「発売されて四年も経ってオリコン1位になるとは、想像もしていなかったことです」と心境を明かしつつ、「ずいぶん前に買った宝くじが当選してたと気付いた感じでしょうか。(ちょっと違うか)」とジョークを交え喜びのコメント。同作が岡田准一主演で今年12月に映画化されることもあり「封切りの半年以上も前に1位になったのは、ちょっとだけ誇らしいです」と想いを噛み締めた。

『永遠の0』は、第2次大戦時、臆病者と罵られながら“妻との約束のために生きて帰る”と言い続け、特攻で命を落とした一人の零戦乗りの生涯をその孫が終戦60年目の夏に辿る物語。

 2位は、今年1月に連続テレビドラマ化された、湊かなえ『夜行観覧車』(今年1月4日発売・双葉社)。3位には、三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 〜栞子さんと二つの顔〜』(今年2月22日発売・アスキー・メディアワークス)がランクインしている。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

関連写真

  • 発売から4年目で初の首位に輝いた、百田尚樹氏の『永遠の0』
  • 初の首位にコメントを寄せた『永遠の0』の著者、百田尚樹氏

オリコントピックス