アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 小泉孝太郎、宮部みゆきのご指名「素直にうれしい」 “杉村三郎シリーズ”連ドラ化

小泉孝太郎、宮部みゆきのご指名「素直にうれしい」 “杉村三郎シリーズ”連ドラ化

 俳優の小泉孝太郎が、7月スタートのTBS系ドラマ『名もなき毒』(毎週月曜 後8:00)に主演することが30日、わかった。原作はミステリーの女王・宮部みゆき氏の杉村三郎シリーズ『誰か somebody』と『名もなき毒』。橋本孝プロデューサーは「ドラマ化交渉の際、宮部さんから、杉村三郎は小泉孝太郎さんでとのご指名をいただき、諾していただきました」と明かす。小泉も「主演に決まって素直にうれしい」と喜ぶ。

 杉村三郎シリーズは、平凡なサラリーマンの杉村三郎が“探偵”の役回りで活躍する異色のミステリー作品。人の心に触れる策略、現代を生きる人間の心の闇を描き上げ、『名もなき毒』は2007年に第41回吉川英治文学賞を受賞した。

 同シリーズの魅力はなんといっても愛妻家で子煩悩で温和な杉村のキャラクターにある。小泉は「原作を読んで、自分ではびっくりするくらい杉村三郎を演じる上でアレルギーがなく、素のままで演じて行きたいです。珍しいくらいプレッシャーも感じていません」と自信をのぞかせる。

 今年のNHK大河ドラマ『八重の桜』の将軍・徳川慶喜役をはじめ、頻繁にドラマに出演している小泉が、ゴールデン帯の連続ドラマで主演するのは、2009年『コールセンターの恋人』(テレビ朝日系)以来4年ぶり。同局の連ドラは初となる。小泉は「ドラマを見終わった後に、宮部さん本人や原作のファンの方に、小泉孝太郎は『杉村三郎だったね』と言われるような作品になれば最高です」と意気込む。

 橋本プロデューサーは「多くの人間が“毒”を持っているけど、この杉村三郎はどんな毒にも染まらないピュアな所を持った強い人間だと思います。杉村の周りに、いろいろな毒を持った強烈なキャラクターの役者さんをキャスティングすることで、小泉さん演じる杉村三郎という人間を浮き彫りにしていきたい」と話す。共演者の発表も楽しみだ。

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019