アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 24時間マラソン挑戦の森三中・大島、15キロ減量に早くも弱気

24時間マラソン挑戦の森三中・大島、15キロ減量に早くも弱気

 お笑いトリオ森三中大島美幸が12日、毎夏恒例の日本テレビ系『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(8月24・25日放送)のチャリティーマラソンランナーに挑戦することになり、メンバーの黒沢かずこ村上知子、トレーナーの坂本雄氏らと共に東京・汐留の同局で会見を行った。

【写真】その他の写真を見る


 昨日放送されたバラエティー番組『にしやがれ』で24時間マラソン挑戦が発表された大島は「まだ練習もしておらず実感が湧いていないです。いろんな方から『大丈夫?』というメールや電話をいただいたけど不安で仕方ない」と率直な感想を語るも「走れるわけないと思うけど、もしかして走れるのではという微かな希望と好奇心が胸を占めています」と静かに闘志を燃やした。

 身長166センチ、体重88キロの大島。完走のためには、15キロの減量が必須というが「78(キロ)までしかない。73キロ(まで落とすの)は未知の体重」と早くも弱気。それでも「ひざにきてしまうし、走れなくなってしまう。それはもう、トレーニングの一つとして頑張る」と気を引き締めた。

 同席した村上は「食生活が一番困難かな」と指摘。「深夜0時以降の焼肉ももうダメだし。食べるのが人一倍大好きなので、そこが一番大変なので見張り役として応援したい」と、食生活改善のサポートを約束した。

 夫で放送作家の鈴木おさむ氏は、今回の挑戦に「まず笑った」といい、大島は「私が頑張るのをサポートしていくし、俺も頑張る、俺もなにか挑戦する」と週1回の連載を持つことを決意したことが明かされた。

 これからトレーニングに努める大島は「観ている方が不安になってしまうことが心苦しいけど、私からなにか感じていただけたら一番うれしい。できないことはないかなと今は思っている。食ったら寝る、歩きたくない、こんなダメ人間が3ヶ月後、どうなっているのか観ていただきたい」と呼びかけた。

 今年のメインパーソナリティーを務める人気グループ・嵐(2年連続、史上最多4回目)のメンバーで、大島が以前からファンを公言している松本潤からのご褒美について聞かれると「きのうの『嵐にしやがれ』で『頑張ってください』と一言もらえたので十分」と控えめ。「嵐さんは忙しくて分刻みのスケジュールなので、武道館で待たせてはいけない、次の日ドラマとかもあるだろうし。一分一秒早く着きたい」と力強く誓っていた。 

 同番組のチャリティーマラソンは1992年より行なわれ、昨年はプロレスラーの佐々木健介北斗晶一家4人が初のリレー形式で参加。日本テレビ開局60周年の節目の年である今年の『24時間テレビ』は36回目を迎える。テーマは『ニッポンって…?〜この国のかたち〜』。私たちの国「ニッポン」の良いところ、悪いところを知り「この国のかたち」を皆で考えていく内容となっている。

関連写真

  • 24時間テレビのマラソンに挑戦する森三中・大島 (C)ORICON NewS inc.
  • 24時間テレビのマラソンに挑戦する森三中・大島 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見に出席した森三中とトレーナーの坂本雄氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 森三中の黒沢かずこ (C)ORICON NewS inc.
  • 森三中の村上知子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス