ドラマ&映画 カテゴリ

藤原竜也、三池監督の暴露にタジタジ 凶悪犯熱演も「酒入るとあんな感じ」

 俳優の藤原竜也三池崇史監督らが27日、都内で行われた映画『藁の楯』の公開記念舞台あいさつに出席した。藤原は、劇中で演じた“人間のクズ”とされる凶悪犯役について「難しい役柄でした」と振り返るも、三池監督は「あれは演技じゃない。ちょっとお酒が入るとあんな感じ」と突然暴露。さらに、「みなさん、夜の街で会っても気軽に声を掛けないように」と呼びかけ、藤原をタジタジにさせた。

【写真】その他の写真を見る


 それでも、三池監督は凶悪犯について「お芝居といっても、全てが作り物じゃない。みんな心のどこかに他人と違う自分というのを隠して生きている。そこを役者として結びつけていく能力っていうのは必要」と藤原の重要性を語り、「そういう役が多いよね?」と本人に声をかけ、藤原も「…はい」と認めていた。

 舞台あいさつにはそのほか、大沢たかお松嶋菜々子伊武雅刀永山絢斗が出席。イベント終盤には、同作の公開と、先日決定した第66回カンヌ国際映画祭コンペティション公式選出を祝して鏡開きが行われた。

関連写真

  • 映画『藁の楯』の公開記念舞台あいさつに出席した藤原竜也 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『藁の楯』の公開記念舞台あいさつに出席した松嶋菜々子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『藁の楯』の公開記念舞台あいさつ登壇者 (左から)三池崇史監督、伊武雅刀、松嶋菜々子、大沢たかお、藤原竜也、永山絢斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『藁の楯』の公開記念舞台あいさつに出席した大沢たかお (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索