アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 小芝風花、実写版『魔女の宅急便』キキ役の決意明かす

小芝風花、実写版『魔女の宅急便』キキ役の決意明かす

 女優の小芝風花(16)が24日、自身の公式ブログで、初めて映画実写化される児童書『魔女の宅急便』(角野栄子著)の主人公・キキ役への決意を明かしている。

 小芝はブログに3ページにも及ぶ直筆の手紙を掲載。デビューから1年半が経ち、オーディションで落ちてばかりだったというが、「苦手だったオーディションで、夢にまでみた、主演という大役をつかむことができました」と報告し、「『合格したよ』って聞いたとき、頭がまっ白になりました。うれしくてたくさん泣きました。でもたくさん不安もありました」と主人公・キキ役を射止めた瞬間の素直な心境を告白。

 ジブリのアニメ作品として有名な同作だが、「今回務めさせて頂く『キキ』は、みなさんが想像する『キキ』とは違うと思います」と明かし、「原作 角野さんが描かれた『魔女の宅急便』を私なりに演じていきたいと思います」と意気込み。さらに、同作のファンに向け「『魔女の宅急便』作品を愛する多くの方々の思いを大事にして、小芝風花のキキを演じきりたいと思っています」と綴っている。

 また、主人公を自身に重ね、「『キキ』が親元を離れて一人前の魔女になるために成長していくように、私自身も『キキ』という役を通して、『キキ』と向き合い成長していきたいです」と決意をにじませている。

 小芝は、女優の武井咲のお姉さん&妹キャラクターを決める『イオン&オスカープロモーション ガールズオーディション2011』でグランプリを受賞。昨年7月にはフジテレビ系ドラマ『息もできない夏』で女優デビューを果たしている。



オリコントピックス