アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 石坂浩二、故・児玉清さんの“存在”に「荷が重いなと思った」

石坂浩二、故・児玉清さんの“存在”に「荷が重いなと思った」

 人気グループ・V6の岡田准一、女優の榮倉奈々、俳優・石坂浩二らが19日、都内で行われた映画『図書館戦争』(佐藤信介監督)の完成披露舞台あいさつに登壇した。同作で原作にはないオリジナルキャラクター・仁科巌司令を演じた石坂は「原作に出てくる司令は稲嶺という人で(原作者の)有川浩さんは児玉清さんを描いていらしたんだと思っていた」といい、「単行本の終わりにも児玉さんと有川さんの対談がのっていて、素晴らしかった。本来ならば児玉さんが演じるはずだったと思いながら演じました」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 故・児玉清さんとはドラマ『ありがとう』で共演して以来の付き合いだったという石坂は、「児玉さんも映像で出るということで、荷が重いなと思いました」と恐縮し、「合成だけれど、並んで写っている写真も胸を打つものがありました。児玉さんがどういう答えを出してくれるのか、ちょっと心配」と物思いにふけっていた。

 同作は、シリーズ売り上げ300万部超の人気を誇る作家・有川氏の同名小説を実写映画化。近未来を舞台に、読書の自由を奪われた架空の現代日本で、不当な検閲に抵抗して“本を読む自由”を守る自衛組織・図書館隊を描いたSF作品。

 図書隊員の鬼教官・堂上篤(岡田)と新米女性隊員・笹原郁(榮倉)の恋模様も見どころの一つであることから、胸キュンエピソードを問われた榮倉は「ほんとにアクションのスケールが大きくて、徹夜に近い状態が1週間くらい続いたんです。そんな中、佐藤監督がニコニコしながら『夏まで撮りたいな〜』と言っていて、キュンキュンと言うより、胸鷲掴み」と振り返った。

 そんな佐藤監督は「パラレルワールドを舞台にした作品は珍しいですし、原作のファンに支えられてきた世界観。そのぶん大変なこともたくさんあったけれども、楽しいことが駆け抜けていったような気がする。作品にもそれは反映されていると思います」と満足げに語った。

 主演の岡田は「佐藤監督とプロデューサーと脚本家の3人がすごくいいチームワークで引っ張ってくださった」と感謝し、「僕らも原作者やファンに喜んでいただけるものを目指して、闘いながら現場に入りました。面白いと思っていただけたら、いろんな所で面白かったよと言っていただいて、また友達などを誘って観に行ってほしい」とファンにアピールした。

 この日は、ほかに共演の田中圭福士蒼汰栗山千明も登壇した。



関連写真

  • 映画『図書館戦争』の完成披露舞台あいさつに登壇した石坂浩二 (C)ORICON DD inc.
  • ドレッシーな装いで登場 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『図書館戦争』の完成披露舞台あいさつに登壇した(左から)榮倉奈々、栗山千明 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『図書館戦争』の完成披露舞台あいさつに登壇した栗山千明 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『図書館戦争』の完成披露舞台あいさつに登壇した田中圭 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『図書館戦争』の完成披露舞台あいさつに登壇した福士蒼汰 (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス