アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • でんぱ組.incが本人役でドラマ初出演 瑛太主演『最高の離婚』

でんぱ組.incが本人役でドラマ初出演 瑛太主演『最高の離婚』

 6人組アイドルユニット・でんぱ組.incが、きょう14日放送のフジテレビ系ドラマ『最高の離婚』(毎週木曜 後10:00)第10話に本人役で登場し、ドラマ初出演を果たす。予告などでも少しだけ公開されていた、俳優・瑛太演じる主人公・光生が、仕事仲間に東京・秋葉原のライブハウスに連れて行かれ、人生で初めてアイドルと出会う場面。ステージ上で力いっぱいパフォーマンスを披露しているのがでんぱ組.incだ。

【写真】その他の写真を見る


 メンバーの成瀬瑛美は「でんぱ組を撮影に呼んで下さった皆様の気持ちを真摯に受け止め、周囲を心底魅了させられるライブをしようと決意しました。撮影に関われて、本当に良かったです。私の人生に於いて、最高の刺激になりました!」と感激。古川未鈴は「ファンのみなさんがエキストラで参加してくださり、しかもノリノリですごくいい映像が撮れたんじゃないかな。オンエアを楽しみにしていてくださいっ!」とアピールした。

 撮影が行われたのは同グループの聖地“秋葉原ディアステージ”。担当の清水一幸プロデューサーは、「本人役として出演を快諾いただき、“ディアステージ”でのライブシーン撮影の細かい部分まで、ご尽力いただきました」と感謝。彼女たちをキャスティングした理由については「(脚本担当の)坂元裕二さんとの打合せの中、“ディアステージ”というライブハウスから最近Zepp東京でライブを行うまでに急成長したでんぱ組.incの名前が挙がり、出演をオファーしました」と語り、グループの勢いにあやかって、ドラマもラストスパートをかける。

 瑛太自身もアイドルのライブを観るのは“初体験”で、事前にDVDで予習して臨んだという。「のめり込んで見ましたね。“鬱屈した世界の中から私たちは飛び出していくんだ”という意味の歌があって、今、光生を演じている上ですごく突き刺さる部分がありました」とアイドルパワーを享受した。

 実際の撮影時にはタイミングを逸して何も話せなかったそうだが、「僕自身は誰が好きというより保護者に近い感覚っていうんでしょうか? “この子たち、この先どうなっていくんだろう?”とか、“応援して、すごく好きだよ”と伝えたくなる気持ちが芽生えてきた」と話していた。

 また、でんぱ組.incの新曲「でんでんぱっしょん」が5月29日に発売されることも明らかに。代表曲「でんぱれーどJAPAN」を制作したエレクトロハードコアバンド“Wienners”の玉屋2060%の作曲、アニソン界のトップランナー・畑亜貴の作詞によるアッパーチューンで、DVD付限定盤、GAME限定盤に加え、メンバー6人それぞれをピックアップしたメンバー盤も6種類限定リリースされる。



関連写真

  • フジテレビ系ドラマ『最高の離婚』に本人役で出演するアイドルグループ・でんぱ組.inc(左から相沢梨紗、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音、古川未鈴、夢眠ねむ)
  • 3月14日放送の『最高の離婚』のワンシーン。でんぱ組.incのライブに見入ってしまう光生(瑛太)
  • 妊娠していることがわかった光生の元カノ・灯里(真木よう子)
  • 3月14日放送の『最高の離婚』第10話。光生(右・瑛太)は、諒(左・綾野剛)に灯里(真木よう子)の妊娠のことを話そうとするが…
  • 3月14日放送の『最高の離婚』第10話。光生(右・瑛太)は、諒(左・綾野剛)に灯里(真木よう子)の妊娠のことを話そうとするが…
  • 3月14日放送の『最高の離婚』第10話。光生は子どもはいらないと言って結夏(尾野真千子)を悲しませてしまったことを後悔していた

オリコントピックス