ドラマ&映画 カテゴリ

松本潤&上野樹里、初共演作がクランクアップ「また共演したい」

 人気グループ・松本潤(29)と女優・上野樹里(26)が恋人役で初共演した映画『陽だまりの彼女』(三木孝浩監督)が5日早朝にクランクアップを迎えた。今年1月18日にクランクインし、約1ヵ月半におよぶ撮影を終えた二人は感無量な面持ちを浮かべ、早くも再共演を熱望した。

 最後の撮影を終えた松本は「おそらくこれが“20代最後の作品”だろうと思ってやらせていただきました」と並々なら思いを告白。恋人役を演じた上野には「(役に対する)姿勢がとても素敵で刺激的でした。心地よくもあり、相手役として楽しかったです」と満足げに振り返った。

 上野は「今までちゃんとしたラブストーリーをやったことがなかったのですが…」と肩をすぼめつつも、「勉強になりました」と充実ぶりを報告。松本に対しては「素敵な所もたくさん見えました。松本さんとは何かが合う、似ているところがあるのかなと感じました。人間として素晴らしいし、またどんな役でもいいから共演したいと思いました」とラブコールを送った。

 同作は、作家・越谷オサム氏の人気恋愛小説が原作。10年ぶりに運命的な再会を果たした浩介(松本)と真緒(上野)が恋に落ち、やがて結婚を決心するも、真緒には誰にも知られてはいけない“不思議な秘密”があった――。映画『陽だまりの彼女』は10月より全国東宝系にて公開。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索