• ホーム
  • 映画
  • SKE松井玲奈、NHKドラマ初主演 マルチチャンネルドラマで幽霊退治

SKE松井玲奈、NHKドラマ初主演 マルチチャンネルドラマで幽霊退治

 SKE48松井玲奈が、NHKのマルチチャンネルドラマ『放送博物館危機一髪』(3月29日、深0:25)に主演することがわかった。同局のドラマは初主演。昨年3月に放送されたAKB48秋元才加主演の『朝ドラ殺人事件』に続く、デジタル放送ならではの「マルチ編成」を活用して楽しむドラマで、2月下旬から都内で撮影を開始する。

【写真】その他の写真を見る


 新作ドラマは、テレビ60年の企画展の準備が進むNHK放送博物館に幽霊が出現し、松井演じる記念番組の中継ディレクターを任されたのぞみが、幽霊退治をするはめになる。『朝ドラ〜』と、その続編『大河ドラマ殺人事件』(2012年8月放送)で幽霊退治に奮闘したアシスタントプロデューサー・新見美穂を演じた秋元と、チーフプロデューサー役の国生さゆりも同じ役で出演する。美穂とのぞみは先輩後輩の間柄だ。

 のぞみは幽霊の願いを聞いて成仏させようとするが、幽霊は自分のことについて記憶を失っていた。幽霊とともに博物館の展示をめぐるうち、彼が東京オリンピックの頃に亡くなったNHKのカメラマンだとわかる。のぞみは、幽霊退治と中継を成功させる、一石二鳥の案を思いつく。博物館の館長役で野際陽子、幽霊役の藤本隆宏ほかが共演する。



関連写真

  • SKE48・松井玲奈、AKB48・秋元才加主演ドラマの続編でNHK初主演
  • 3月30日放送のNHK単発ドラマ『放送博物館危機一髪』に主演するSKE48・松井玲奈

オリコントピックス