• ホーム
  • 芸能
  • スギちゃん、キンタロー。勝ち残った! 「R-1」決勝進出12名お披露目

スギちゃん、キンタロー。勝ち残った! 「R-1」決勝進出12名お披露目

 “一人話芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2013』の決勝進出者発表会見が1月31日、都内で行われ、12名がお披露目された。決勝に駒を進めたのは、大注目のスギちゃんキンタロー。のほか、桂三度ヤナギブソン田上よしえ岸学、雷ジャクソン高本、三遊亭こうもり、ヒューマン中村、アンドーひであき、岩橋良昌(プラスマイナス)、三浦マイルドら12名。スギちゃんは、キンタロー。と同ブロックとなり「絶対に世代交代はさせませんよ。絶対キンタロー。を倒して頑張ります!」と宣戦布告した。

【写真】その他の写真を見る


 決勝戦は昨年と同じく12人による変則トーナメント方式で持ち時間3分で行われる。4人ずつが3ブロックに分かれて各ブロックの勝者を選出し、勝ち上がった3人で賞金500万円を賭けた最終決戦を行う。司会は10年連続で雨上がり決死隊が務め、今年は副賞として関西テレビ・フジテレビ系の冠番組が与えられる。

 会見ではネタ順を決める抽選も行われ、Aブロックにはトップバッターから岸学、三浦マイルド、ヤナギブソン、岩橋良昌(プラスマイナス)が順に登場。Bブロックはヒューマン中村、三遊亭こうもり、田上よしえ、桂三度と続き、Cブロックはキンタロー。、スギちゃん、アンドーひであき、最後は雷ジャクソン高本がトリに決定した。

 ブレイクの勢いそのままに初の決勝進出を決めたキンタロー。は、決勝当日に「上下お揃いの真っ赤な下着を着けます。胸パッドもちゃんと入れて臨みます」といい、「今日も赤のタンクトップです」とチラ見せ。優勝した際の賞金500万円の使い道は「すごく大金なので、AKB48さんのコンサートでセンターを取らせてもらうのに使おうと思います」と宣言した。

 今年で11回目を迎えた同大会は、『M-1グランプリ』を抜いて最も息の長い大会に成長。出場者は昨年12月24日に始まった1回戦を皮切りに予選を戦い、勝ち残った12人が優勝賞金500万円を賭けて決勝戦に挑む。

 決勝戦は2月12日、関西テレビ・フジテレビ系列で生放送される。



関連写真

  • 『R-1ぐらんぷり2013』決勝進出者12名が発表 抽選でネタ順も決定された (C)ORICON DD inc.
  • 初戦で激突! キンタロー。VSスギちゃんに注目が集まる (C)ORICON DD inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2013』決勝進出者発表会見の模様 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス