アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 福山雅治“月9”で『ガリレオ』続編 新相棒役に吉高由里子

福山雅治“月9”で『ガリレオ』続編 新相棒役に吉高由里子

 歌手で俳優の福山雅治(43)主演のフジテレビ系連続ドラマ『ガリレオ』が5年半ぶりに“月9”に帰ってくる。2007年10月期に同枠で放送され、平均視聴率21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2008年には映画化もされた人気タイトルの続編が4月から登場。福山演じる天才物理学者・湯川学の相棒となる新人刑事役で吉高由里子(24)が初参加し、映画第2弾『真夏の方程式』(6月29日公開)にも出演する。

 福山は「もう少し早くできればと思っていたんですが…。1年間の連続ドラマが入っていたので遅くなってしまいました(笑)。本当にお待たせしました。皆さんより、僕の方が待ち遠しかったのかもしれません。早く撮影したいですし、早く観たいですし、早く観ていただきたい」と、はやる気持ちを語った。

 所属事務所の後輩でもある吉高とは初共演で、「天才肌の女優さんだと思います。初の刑事役ということもあり、言葉が難しい中現場で苦戦していたようですが、仕上がりはそれをまったく感じさせない。天性の女優気質を持ってらっしゃるのではないでしょうか」と新相棒を歓迎している。

 吉高も「こんな日が来るとはと驚いています。現場では優しくも厳しくもあり、とことんストイックで素敵な方です」と福山の印象を語り「初めての刑事役、初めてのドラマと映画の連動作品が先輩である福山さんとご一緒させていただくことに安心と、同時に幸せを感じます」と喜んでいる。

 前作では湯川と、柴咲コウ(31)演じる新米女性刑事・内海薫が、超常現象のような不思議な事件を科学の力を使って解決。続編では、第1話に柴咲が出演し、内海から吉高演じる後輩刑事・岸谷美砂に任務が引き継がれる経緯が描かれる。

 牧野正プロデューサーは「東野先生に“ガリレオ”シリーズの続編(『ガリレオの苦悩』『聖女の救済』『虚像の道化師』『禁断の魔術』)を書いていただき、今回の映像化が実現しました。前作に増して、摩訶(まか)不思議な現象を迫力のある映像でお届けします」。福山も「ドラマはコミカルな場面もたくさん見られると思いますので、そちらも楽しみにしていただければと思います」とアピールしている。



オリコントピックス