ドラマ&映画 カテゴリ

ビートたけし、初の特撮映画制作に意欲?「面白いかも」

 タレントのビートたけしが15日、都内で行われたNHK『たけし アート☆ビートSP』の取材会に出席し、自ら考案した高さ8メートルもある巨大オブジェを初お披露目した。映画監督としての顔も持つたけしは、報道陣から「次回作は、このオブジェも出演する?」と質問されると「白黒映画でこいつが石油プラントの脇から出てきたら面白いかも」とノリノリ。さらに「戦後の高度成長期に化け物として出てくるような感じ」とイメージを膨らませ、初の特撮映画制作に向けて意欲的に語った。

【写真】その他の写真を見る


 巨大オブジェとこの日、初対面したたけしは「すげーな。面白い」と見上げ「やっぱアートは面白くなきゃ駄目だね」とご満悦。現代美術家のヤノベケンジ氏とタッグを組んで制作に挑んだオブジェは「古井戸がテーマ」といい、タイトルは『地底からの怒り』。「下町では身近な存在だったのに、現代ではゴミ捨て場になってしまい、井戸のファントムが怒って顔を出した」と、作品のイメージやこだわりを明かした。

 巨大オブジェ『地底からの怒り』は、1月16日から2月3日まで東京都現代美術館で展示され、1月31日放送のNHK BSプレミアム『たけし アート☆ビートSP』で巨大オブジェ制作プロジェクトの詳細が明らかになる。

関連写真

  • NHK『たけし アート☆ビートSP』の取材会に出席したビートたけし (C)ORICON DD inc.
  • 現代美術家のヤノベケンジ氏とタッグを組んで制作に挑んだオブジェをお披露目 (C)ORICON DD inc.
  • NHK『たけし アート☆ビートSP』の取材会に出席したヤノベケンジ氏 (C)ORICON DD inc.
  • NHK『たけし アート☆ビートSP』の取材会でに出席した(左から)ビートたけし、ヤノベケンジ氏 (C)ORICON DD inc.
  • NHK『たけし アート☆ビートSP』の取材会でお披露目された巨大オブジェ (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索