アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 【紅白】由紀さおり、早朝の米ポートランドから生歌唱

【紅白】由紀さおり、早朝の米ポートランドから生歌唱

 歌手の由紀さおり(64)が31日(現地時間31日午前5時)、米オレゴン州ポートランドのランドマークとして親しまれているアーリン・シュニッツァー・コンサート・ホールから生中継で『第63回NHK紅白歌合戦』に出場した。世界的なヒットを記録したアルバム『1969』で共演したバンド、ピンク・マルティーニとともに、自身のデビュー曲でもある「夜明けのスキャット」をしっとりと歌い上げた。

 由紀は、単独では1992年以来20年ぶり、安田祥子と姉妹での出演は2001年以来11年ぶりで、今年が13回目の出場。1987年以降『紅白』では“童謡”を歌ってきたが、今回は1978年の第29回で歌った「トーキョ−バビロン」以来、34年ぶりに“歌謡曲”を解禁した。

 本番前には「ピンク・マルティーニさんと一緒に彼らのホームグラウンドであるオレゴン州ポートランドからの生中継。まるで夢のようです。一人でも多くの皆さまの心に届くよう、精一杯心をこめて歌わせていただきます」と意気込んでいた由紀。

 この日も「とても慌ただしくて幸せな1年でした。またこのホールに戻ってくることができ、歌わせていただき感謝しています」と感謝しきり。温かく伸びやかな歌声を響かせたあと、バンドのリーダー、トーマス・ローダーデールと熱い抱擁を交わした。

>> 【紅白写真特集】 初出場アーティストリハーサル1日目リハーサル2日目



オリコントピックス