アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 福士蒼汰、今年は「街で気付かれたい」 仮面ライダーからの脱却誓う

福士蒼汰、今年は「街で気付かれたい」 仮面ライダーからの脱却誓う

 昨年9月まで放送された『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系列)の主演を務め、知名度を上げた俳優の福士蒼汰(19)。今年は、V6・岡田准一が主演する映画『図書館戦争』(4月23日公開)やNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』など人気作への出演が控える。ブレイクが期待される福士は、ORICON STYLEのインタビューに応じ、“ヒーロー役”のイメージ脱却と俳優としての大きな変化を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 福士は、昨年を振り返り、自身の名を広めた『仮面ライダー フォーゼ』役に感謝しつつも「卒業じゃないけど、今年は培ったものを活かしていく年。いい意味で全然違う素の福士蒼汰を見せたい」と“ヒーロー役”のイメージ脱却を宣言。同作ではリーゼントがトレードマークだったこともあり「子供から気づかれたことはほぼゼロ」と肩を落とすも「今年はもっと目立って、街で気付かれるようになりたい」と自身のブレイクに期待を込めた。俳優としては「個性を出すというか、出演機会が少なくても、そのなかで魅力を出して人の記憶に残るようにする。そういう役者になりたい」と具体的な目標も掲げた。

 昨年に高校を卒業し、社会人としても自覚が生まれたといい「最近は見てもらう職業だし、どう見られるか、自分をもっと知っていこうと思うようになった」と俳優業を通して自身の変化を実感。性格もこれまであまり緊張しないタイプだったが「さまざまな役を経験して、自分に力がついてきたことで、見えてくる景色が変わり、逆に緊張するようになった」と一皮むけた印象だ。

 『あまちゃん』など相次ぐ話題作への出演も、当初は実感が全く沸かなかったというが「撮影していくうちにどんどん、実感が湧いてきました」と充実の表情。同作での宮藤官九郎の演出に「驚きました。すっかりクドカンさんのワールドにハマってます」と喜びつつも、「作品を通して僕も知ってもらえたらうれしい」と期待を込めた。

 今年挑戦したいことを聞くと「連続ドラマ」と即答。「仮面ライダーや朝ドラなど長期間のドラマが多かったので、3ヶ月のワンクールものがやりたい」と本音も吐露。役柄は「同じ世代が集まる学生役もやりたいし、大病院の医療もので主演が大御所でベテラン俳優が集まる中に自分が研修医役で入りたいです。メンタル的にも鍛えられるんじゃないかな」と目を輝かせた。

 一番の楽しみは、高校時代からの親友との時間と明かし「今年は一緒に遊園地に行きたい」と19歳らしいあどけない表情も見せたが、休みが続くと「不安になりますね。芝居してなくて大丈夫かなって。なので、仕事してるときが一番リラックスできてます」と俳優業に夢中の様子だった。マネージャーが最大の魅力と話す甘い笑顔で、今年はさらに多くの人を魅了していくことだろう。



関連写真

  • インタビューに応じた福士蒼汰 (C)ORICON DD inc.
  • 福士蒼汰の全身ショット (C)ORICON DD inc.
  • インタビュー中の福士蒼汰 (C)ORICON DD inc.
  • 福士蒼汰 (C)ORICON DD inc.
  • 福士蒼汰 (C)ORICON DD inc.
  • 福士蒼汰 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス