アニメ&ゲーム カテゴリ

『ONE PIECE FILM Z』、史上最速2日で100万人突破へ 『海猿』超える邦画No.1スタート

 15日に全国公開されたアニメ映画『ONE PIECE FILM Z』が、週末興行(土日)2日間で動員数100万人、興行収入13億円突破を確実とし、今年の邦画No.1のスタートダッシュを切った。7月13日公開の『BRAVE HEARTS 海猿』は3日間、11月17日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は4日間かかった100万人超えを、史上最速2日間で達成する見込みとなり、邦画1位の『〜海猿』(73.3億円)超えも視野に入る勢いだ。

 前売券の販売数は、前作『STRONG WORLD』(2009年)との対比で約150%増の65万枚を突破。入場者プレゼントとして用意された原作コミックス『ONE PIECE』の「第千巻」をはじめ、原作者・尾田栄一郎氏の描き下ろしの品々が入った「海賊の宝袋」の反響も大きく、上映スクリーンも前作の全国188館からのべ300スクリーンに拡大。前作の2倍近いのべ2299回上映され、各地各回で満席状態が続出する活況をみせた。たった1日で、前作対比約160%増(全国主要111館対比)の約60万人(前作は約45万人動員)を動員し、興収7.5億円(前作は5.5億円)を上げる見込みとなった。

 前作も初動(公開2日間)の興収10億3800万円、スクリーンアベレージ552万円の日本記録を樹立する大ヒットスタートを切リ、公開24日間で動員数300万人突破、公開29日間で興収40億円突破、最終的に累計興収48億円を記録し、劇場版シリーズ歴代最高記録。2010年邦画興収上半期第1位になるなど数々の記録を打ち立ててきた。今作も年末年始興行を控え、さらなる記録更新が期待できそうだ。

関連写真

  • 東京・丸の内TOEIで15日実施された『ONE PIECE FILM Z』初日舞台あいさつに集合したキャスト陣
  • 公開中の映画『ONE PIECE  FILM  Z』(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会

オリコントピックス

 を検索