ドラマ&映画 カテゴリ

江口洋介、天才シェフ役でドラマ主演 『アイアンシェフ』とコラボも

 俳優の江口洋介が、来年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『dinner』(毎週日曜 後9:00)に主演することがわかった。同ドラマは「働くこと」「生きること」をテーマに有名イタリアンレストランで働く人々が抱える悩みや葛藤を描く群像劇。天才シェフを演じる江口は「こんなレストランに行ってみたい!と、視聴者の皆さまに思っていただけるような、活気あふれる気分爽快なドラマになればと思っていますのでご期待ください」と、意気込む。舞台となるレストランには、同局の人気番組『アイアンシェフ』から出演オファーが届くなど、ドラマとバラエティを横断した演出も予定されている。

 ヒロインは女優の倉科カナで、父親が開いたイタリアンの名店「ロッカビアンカ」の支配人を務める辰巳沙織を演じる。3ヶ月先まで予約で埋まるほどの人気を誇っていたが、料理長でもある父親がある日、クモ膜下出血で倒れてしまい、事態は急変。料理長不在の間、店を守ろうと必死になるが、徐々に客足は遠のき、スタッフの思いもバラバラになっていく。店が潰れてしまう危機感を募らせた沙織は、調理師の派遣会社を通して、江崎究(江口)を新しい料理長として招く。ところが、江崎は、料理の腕は超一流でありながら、究極の合理主義者でその人柄に問題を抱えていた。

 江口は「食するということはどういうことなのか。人間の欲望の中で必要不可欠な“空腹を満たす”その料理とは? そして料理人たちが、いかに素晴らしいエンターテナーかということも、このドラマを通してお届けできればと思います」と張り切っている。

 レストランで働く面々には、辰巳の右腕でもある副料理長に松重豊、前菜担当の志賀廣太郎、ソムリエに柴本幸、ドルチェ担当の池津祥子、パスタ・リゾット担当の野波麻帆と八嶋智人、給仕長にユースケ・サンタマリアが出演。

 倉科は「働くこと、生きることというのは、誰もが、欠くことのできないテーマだと思います。自分自身も日々の悩みや不安を抱えながらも、先の将来をどう生きて行くかというテーマは、永遠に続くような気もするので、レストランを舞台に、どう表現できるか楽しみでもあります」と意欲を燃やしている。

関連写真

  • フジテレビ系日9ドラマ『dinner』(来年1月スタート)で超一流天才シェフだが究極の合理主義の持ち主江崎究を演じる江口洋介
  • 有名イタリアンレストランの支配人・辰巳沙織を演じる倉科カナ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索