アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 保田圭、8年ぶり連ドラでキスシーン初挑戦「ファンの反応が心配…」

保田圭、8年ぶり連ドラでキスシーン初挑戦「ファンの反応が心配…」

 元モーニング娘。で女優の保田圭(31)が東海テレビ・フジテレビ系で放送中の昼ドラ『幸せの時間』(月〜金 後1:30)に出演することになり、21日、都内で会見した。保田は8年ぶりの連ドラへの出演で、“昼ドラ”は初出演。さらに、キスシーンにも初挑戦しており「どんな感じで撮るんだろう、いつから(キス)するんだろうとドギマギしました。田中美奈子さんと西村和彦さんのキスシーンを見て、あぁするのかと…。緊張しましたが、(夫役の城咲仁に)リードしていただいき、お任せしました」とはにかんだ。

 同ドラマは、家族の“崩壊”と“再生”を通して、主婦・浅倉智子(田中)が“幸せ”を見つけ出す、刺激的ホームドラマ。保田が演じる柳由紀は、人懐っこく、屈託のない明るい性格で、おしゃれなカフェオーナーを務める等身大の女性。しかし、一途に愛するバイオリン講師をしている夫と、慕っていた智子との不倫を知ってしまい、豹変する役どころ。

 オファーを受け「アイドルという仕事もしてきたので、多少の驚きもありましたが、人それぞれの愛の形が描かれていて、この役をやってみたいと素直に思いました」。キスシーンがあることは最初知らされていなかったが、躊躇(ちゅうちょ)することはなかったという。「新しい挑戦をしています。キスシーン以外にもけっこう頑張ったので、ぜひ見てもらいたい。でも、ファンの皆さんは大丈夫かな? 反応は心配ですが…」と新境地に充実した表情。城咲からも「キスシーンは最高でした。想像以上の保田圭が見られると思います」と太鼓判を押され、笑顔を見せていた。

 今回、演じた由紀は、女遊びが激しく独身を通してきた浩一を、10年待って振り向かせて、結婚した一途な女性。保田は「由紀ちゃんのような恋愛できたら幸せなのかなぁ。私にはまだ“幸せの時間”は来ていません。お友達とお酒飲んでいる時間が楽しいです」と屈託なく話していた。

 保田は11月26日放送の第15話から、夫役の城咲も昼ドラ初出演で11月28日放送の第17話から登場する。

オリコントピックス