アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • キスマイ玉森、スゴ腕料理人役で連ドラ単独初主演 信長役で及川光博が初共演

キスマイ玉森、スゴ腕料理人役で連ドラ単独初主演 信長役で及川光博が初共演

 人気グループKis-My-Ft2玉森裕太(22)が、来年1月スタートのテレビ朝日系『信長のシェフ』(毎週金曜 後11:15、一部地域は異なる)で連続ドラマに単独初主演することが13日、わかった。同局の23時台初の時代劇。現代のシェフが戦国時代にタイムスリップし、織田信長お抱えの料理番となって奮闘する姿を描く。信長役で歌手・俳優の及川光博(43)が同局の人気シリーズ『相棒10』以来の連ドラにレギュラー出演する。

 現代から戦国時代にタイムスリップしてしまった主人公ケンを演じる玉森は「(フレンチ)のシェフ役は初めてですし、タイムスリップをするという設定ももちろん初めて。いろいろな意味で“挑戦”となる作品なので、皆さん、たくさんのご意見をくださるとうれしいです!」と意気揚々。初共演となる及川に対しては「キラキラしたアイドルのような先輩からたくさんのことを学び、盗みたいと思います!」と期待をふくらませる。

 一方の及川も「まさか!の信長役です。僕自身大変驚いていますが、原作の面白さを皆様に楽しんでいただけるよう、精いっぱい、玉ちゃんと頑張ります! つけひげです!」と気合いが入る。信長といえば、大河ドラマや時代劇にこれまでに登場した回数は数知れず、さまざまな俳優たちが演じてきた。“王子キャラ”で染み付いた及川が、洒落者の信長役をどのように演じるのか、注目される。

 原作は2011年3月より『週刊漫画TIMES』(芳文社)に隔週連載中の同名人気漫画(原作:西村ミツル、作画:梶川卓郎)で、斬新な設定が人気を呼び、コミックスは最新刊5巻までが発売中。ドラマでは、原作の持ち味はそのままに、ヒロインやレギュラーキャストなどにアレンジを加え、恋愛要素なども盛り込みつつ、よりドラマとしての広がりを持たせていく。

 ヒロインの若き女刀鍛冶・夏を演じるのは女優・志田未来(19)。ケンを助けるため、夏は男装して女人禁制の信長の台所に入り込む。さらには、サル呼ばわりされながらも信長に使える豊臣秀吉にはガレッジセールのゴリ(40)、ケンの一番の理解者となる槍の名手・森可成に宇梶剛士(50)、徳川家康役にはカンニングの竹山隆範(41)がキャスティングされた。

 「宣教師フロイスの本心を確かめる料理」「足利義昭に朝倉討伐を認めさせるための料理」「北畠具教に和睦を受け入れさせる料理」など、信長が突きつける無理難題に応じるケンの料理が映像で楽しめるのもドラマの醍醐味だ。



オリコントピックス