アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『さんまのまんま』、28年目で初の生放送 関テレ開局55年目記念

『さんまのまんま』、28年目で初の生放送 関テレ開局55年目記念

 来年11月22日に開局55周年を迎える関西テレビが、アニバーサリーイヤー突入を記念して、今月23日(金・祝)〜25日(日)の3日間を『開局55年目突入だよ!スペシャル3days』として、同局の人気番組のスペシャルを放送する。注目は24日(土)午後3時から放送の『さんまのまんま』。1985年の番組開始から明石家さんまがメインパーソナリティを務め、さまざまなゲストとフリートークを続けてきたが、28年目にして初の生放送を行うことが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 さんまは「『さんまのまんま』初めての大阪収録で生放送ですけど、関西ゆかりのゲストも楽しみやし、気負わず、いつもの感じでササッとやらせていただきますわ〜」と意気込みを語っている。ゲストは、オール阪神・巨人ぼんちおさむ大平サブロー藤山直美槇原敬之らが予定されている。

 当日は、同局本社のスタジオから生放送。同局のスタジオに入るのは、1972〜74年に放送されていた深夜番組『ナイトパンチ』の金曜「ルーレット寄せき」という大喜利コーナーに、師匠の笑福亭松之助に連れられ、笑福亭鶴瓶らとともに出演して以来、38年ぶりという。



関連写真

  • 関西テレビ開局55年目突入を記念して『さんまのまんま』が番組史上初の生放送を敢行!(C)関西テレビ
  • スペシャル3DAYSの大トリを飾るのが、11/月25日(日)午後4時から放送の『快傑えみちゃんねる』。今年で18年目に突入。関西が誇るおしゃべり女王・上沼恵美子(右)がゲストを迎えて爆笑トークを繰り広げる(C)関西テレビ

オリコントピックス