ドラマ&映画 カテゴリ

松ケン、大河の出来栄えに自信 最低視聴率は「光栄」

 俳優・松山ケンイチ(27)が26日、主演を務めるNHK大河ドラマ『平清盛』の撮影を全て終え、東京・渋谷の同局で会見を行った。21日放送回の平均視聴率が関西地区で7・5%を記録し、大河ドラマ最低視聴率を記録したことについて松山は「数字の問題は最初から気にしていない部分あったので考えてない」とした上で「最低記録を更新できたことは光栄。そこを狙ったわけなじゃいけど、本気で作ってそれが出せることはめったにないこと。テキトーにやって悪い記録を出したなら悪いけど、そうじゃないので自信を持ってる」と納得の表情で堂々明かした。

クランクアップセレモニーに出席した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.

クランクアップセレモニーに出席した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 昨年8月にクランクインし、14ヶ月にも及ぶ長期間の撮影を終えた松山の表情は晴れやかだった。「終わってからのことはこれから考えたい」と笑みを浮かべ、視聴率に関しても「自分の周りでは『気にするな』、『いい作品を作ってるから進んでいけ』と言ってもらってたけど、キャストやスタッフも数字の問題は気にしてなかった。考えてなかったと思います」と淡々と振り返った。

 自薦も決め手になり、大河の主役の座を勝ち取っていた松山。「僕が清盛にしがみついて演じていった感じ。油断すると自分から離れていく危うい中で演じきれたと思う」とがむしゃらに走りきった背景としてキャストやスタッフの存在を挙げ「安心してできました。主役としてこうでなきゃいけないというのから、解き放たれて、自分の感覚でできたことには感謝しています」と頭を下げていた。

 『平清盛』はいよいよクライマックスに向けて佳境を迎える。「最後の10回は清盛のダークな部分や今までとは違う形で表現されてると思うので、最後まで見届けていただけたら」と、清盛への名残惜しさをにじませつつ、アピールしていた。

関連写真

  • クランクアップセレモニーに出席した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.
  • (左から)石黒英雄、岡田将生、松山ケンイチ、上川隆也、岡田将生、窪田正孝 (C)ORICON DD inc.
  • NHK大河ドラマ『平清盛』クランクアップセレモニーに出席した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.
  • NHK大河ドラマ『平清盛』クランクアップセレモニーに出席した岡田将生 (C)ORICON DD inc.
  • NHK大河ドラマ『平清盛』クランクアップセレモニーに出席した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索