【AKBじゃんけん大会】歴代女王そろい踏み! 3代目島崎の勝因は「ずっとチョキ」

 AKB48の29thシングル(12月発売)を歌う選抜メンバー16人を決める『第3回じゃんけん大会』(東京・日本武道館)で優勝した島崎遥香(18)らが18日、東京・赤坂のTBSで会見を行った。今回のじゃんけん選抜には、初代女王・内田眞由美(18)、2代目・篠田麻里子(26)、3代目の島崎がそろい踏み。準々決勝で篠田を、準決勝で内田を“パー”一筋で撃破し、決勝に進出した仁藤萌乃(20)を破って優勝した島崎は「ずっとチョキを出し続けていました」と勝因を明かした。

 選抜常連ながらも、初のじゃんけん選抜入りを決めた柏木由紀(21)は「1回目と2回目の優勝者がいて、今回いちばん運がいい、ぱるる(島崎)がいて。今までで最強の選抜になるんじゃないかなと思います」と自信をみせた。

 AKB48の9期生でチーム4に所属する島崎は、ドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ)、『マジすか学園3』(テレビ東京系)で相次いで主演を務め、“ポスト前田敦子”の期待もかかる次世代エース候補。愛称は「ぱるる」だが、歌、ダンス、トークを苦手としていることから、AKBファンの間では「ぽんこつ」とも呼ばれている。

 初のセンターポジションに立つ意気込みを聞かれた島崎は「ぽんこつらしく、ぽんこつなりに、一生懸命、このような(取材)対応もしっかりできるように成長できたら」とトーク力向上にも意欲的。自身の初センターシングルについては「ふだん秋元(康)先生からもぽんこつと呼ばれているので、“ぽんこつ”という題名がつくかも」と話し、早速笑いをとっていた。

 6月の「総選挙」のスピーチで「潰すつもりできてください!」と後輩たちを叱咤激励した篠田は、島崎のマイペースなトークに「不安になりました」と笑わせながらも「ぱるるがセンターになって、すごく嬉しかったですし、後輩の勢いも感じて鳥肌が立ちました。ふだんぱるるはあまりしゃべらないんですけど、今回センターになって、しっかりしたところをぜひ皆さんに見てもらいたいと思います」と島崎の潜在能力に期待していた。

関連写真

  • 「勝因はチョキ」ぱるること島崎遥香 (C)ORICON DD inc.
  • じゃんけん選抜16人中、18歳以上の12人が会見に出席した(前列左から篠田麻里子、横山由依、島崎遥香、仁藤萌乃、内田眞由美、後列左から松原夏海、梅田彩佳、板野友美、中村麻里子、柏木由紀、中田ちさと、上野圭澄)※前田亜美、阿部マリア、竹内美宥、木本花音は年齢制限のため不在 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索