ドラマ&映画 カテゴリ

『相棒11』初回SPで初の香港ロケ! 成宮の恋人役で元宝塚・真飛聖が登場

 10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『相棒season11』(毎週水曜 後9:00)の初回スペシャルの撮影が、香港で行われていたことが30日、わかった。同ドラマ史上初となる海外での事件に、俳優・水谷豊(60)演じる特命係・杉下右京が挑む。また、新レギュラーとして、成宮寛貴(29)演じる新相棒“甲斐享”の恋人・笛吹悦子役で元宝塚・花組トップスターの真飛聖(35)、甲斐の父親で警察庁次長・峯秋役で石坂浩二(71)が出演することも明らかになった。

 撮影が本格的に始まり、『相棒Season11』は「相棒“ニューイヤー”」と意気込む水谷。「個人的には還暦を迎え、また“ここからスタートだ”と思っていましたし、新メンバーを迎えて、新たな『相棒』をお見せ出来ると思っているからなんです。今までも『相棒』でしたが、さらに『相棒』になると感じています」と話す。

 新シーズンの初回SPの舞台は香港・日本総領事公邸。香港警察も踏み込めない「聖域」で事件は起こる。右京としては『Season2』での英ロンドン以来、10年ぶりとなる海外ロケ。「香港はかつてイギリス領だったので、興味を持っていたというあたりは、非常に右京らしいなと思いました。初めて来ましたが香港の持っている人のエネルギーはすごいですね」と刺激を受けた。新相棒・成宮とのコンビについても「享に関しては、とらえどころのない良さ、底が見えない良さがありますね。それによって『相棒』の世界でいろいろな事ができるのが本当に楽しみです」と語っている。

 いきなり海外ロケに参加した成宮は「小さい頃から水谷さんの作品を見てきたので、まさか自分が大先輩の水谷さんとお仕事ができるなんて本当に感激しています。さらに、相棒という国民的なドラマでタッグを組ませてもらえるのは嬉しい限りです」と初々しくコメント。親子ほど年の離れた水谷とは「アニキ的というか、兄弟のような感じで接してもらって不思議な感じ」と話していた。

 そんな成宮演じる亨には航空会社の客室乗務員で年上の彼女がおり、父親は警察庁のお偉方という新たな登場人物が加わって物語は新展開。成宮は「真飛さんは男役だったこともあり、本当に頼り甲斐があります。ロケの合間に談笑している時も笑い声が低くて(笑)。役でも、年上の彼女ですので、楽しみにしてください!」と“彼女”をアピールした。

 2009年に宝塚歌劇で『相棒』が舞台化された際に杉下右京を演じた真飛は、ドラマ本編のレギュラー出演が決まって「嬉しくて泣いてしまいました」と喜びもひとしお。「自分の中にまだ右京がいるのか、撮影が始まってまだ間もないのですが、水谷さんの事を初めてという感じがしない」と話しており、2人の“右京”の共演も見どころの一つになりそうだ。

関連写真

  • 『相棒11』初の香港ロケに参加した水谷豊(中央)と新レギュラーの成宮寛貴(右)、真飛聖(左)(C)テレビ朝日
  • 『相棒11』初回SPから登場する石坂浩二(C)テレビ朝日

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索