ドラマ&映画 カテゴリ

仲里依紗、研修医役でゴールデン連ドラ初主演

 女優・仲里依紗が10月スタートのTBS系ドラマ『レジデント〜5人の研修医』(毎週木曜 後9:00)で、民放ゴールデンの連ドラ初主演を果たす。大学付属病院の救命救急センターを舞台に、仲演じる主人公が、同期の研修医たちとともに奮闘し、挫折や葛藤に悩まされながらも医師として、大人の女性として、成長していく姿を描く。林遣都増田貴久NEWS)、大政絢石橋杏奈ら若手俳優陣が研修医役で共演する。

 仲が演じる主人公・美山しずくは、父親が開業医の家庭で育ち、「父を喜ばせたい」一心で医師を志す。しかし、そんな思いを父親から「女のお前になんか期待したことはない!」と真っ向から否定され、その一言に反抗して「意地でも医者になる!」と親の援助を一切受けず奨学金で医学部に進学し、晴れて医師になった1年目の研修医。

 仲は「研修医という役どころなので、患者さんと向き合う誠実さや人間らしさを出していきたいです。観ていただく方々を元気づけられるようなドラマをチーム一丸となって作っていけたら」と意気込みを語っている。

 しずくと同期の研修医・矢沢圭役の林は、「医療という全く経験のない分野への挑戦なので、もちろん不安もありますが、医師というとてつもない負担がかかっている人たちの苦悩、そして喜びを強い気持ちを込めて表現するつもりです」。真中潤一役の増田は、「一人の研修医として、一人の人間として潤一の成長を精一杯演じていきたい。みんなに愛される“お坊ちゃん”になれるように頑張ります」。

 主人公と対照的なキャラの小岩井陽菜子を演じる大政は「ぶつかり合い、人として、研修医として成長していく部分を、私自身も役とぶつかり合いながら演じたい」。新城紗知役の石橋は「医療ドラマにはとても難しいイメージがありますが、今回は研修医の役ということで、人間らしいところや一生懸命なところをリアルに演じたい」と抱負を語っている。

 同ドラマでは、上記5人の若き研修医の成長を軸に、研修医たちと彼らを指導する先輩医師たちが織り成す医療現場のリアルな人間模様も描かれる。指導医として、外科医・宮島一樹役に小澤征悦、形成外科医・田淵育男役に古田新太、脳外科医・香澄弥生役に須藤理彩が出演。さらに、ベテラン看護師・迫田恵子役のオアシズ光浦靖子、研修医の先輩にあたる専修医・前田一平役の荒川良々、研修医の溜まり場となるバーのマスター・香澄研二役の皆川猿時らがストーリーを盛り上げる。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索