ドラマ&映画 カテゴリ

満島ひかり、“共演4度目”森山未來の「顔が変わった」

 俳優の森山未來満島ひかりが14日、都内で行われたミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表に出席。4度目の共演となる森山について聞かれた満島は「最近、森山さんの顔が変わった。よくなってると思う。最初に出会った時と違って、素敵な男性になられてる」と明かし「舞台では大先輩なので頼っていきたい」と初ミュージカルへの意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 作家・佐野洋子さんが1977年に発表した代表作の童話を基にした同ミュージカル。原作を子供の頃から読んでいたという満島は「こういう形でミュージカルとして出会えたことは嬉しい」と満面の笑み。過去にユニット・Folder5として活躍していたこともあって「歌やダンスで表現する事は好き。演劇の作品に歌や音楽があるのも好きで今から楽しみ」と目を輝かせていた。

 演出・振付・舞台美術・衣装を手がけるのは、日本でも上演された『オイスター』で話題を集めた演出家ユニット、インバル・ピントとアブシャロム・ポラック。森山は「この2人から生まれる直感や感覚を信じて従っていけたら」と語っていた。

 100万回も死んで生きてきた猫が生と死の果てに見つけたものを紡ぐミュージカル『100万回生きたねこ』は、来年1月8日から27日まで東京芸術劇場・プレイハウスにて上演。

関連写真

  • 4度目の共演となる(左から)満島ひかり、森山未來 (C)ORICON DD inc.
  • 猫のつけヒゲに照れる2人 (C)ORICON DD inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表に出席した(左から)満島ひかり、森山未來 (C)ORICON DD inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表に出席した(左から)満島ひかり、森山未來 (C)ORICON DD inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表に出席した森山未來 (C)ORICON DD inc.
  • ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表に出席した満島ひかり (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索