ドラマ&映画 カテゴリ

マリエ、芸能活動再開に涙ぐむ ブランクに「ビビってる」と不安吐露

 モデルのマリエが2日、都内で行われたDVD&Blu-ray『マリリン 7日間の恋』発売記念イベントに出席。昨年9月からの留学を終え、この日から本格的な芸能活動を再開させたマリエは「ビビってる。冷や汗です」とブランクに及び腰ながらも、「昨日、小堺(一機)さんにお会いした時に『おかえりなさい』と言ってくれて嬉しかった。待っててくれたファンの方に感謝を伝えたい」と涙ぐみながら今後の意気込みを語った。

本格的な芸能活動を再開させたマリエ (C)ORICON DD inc.

本格的な芸能活動を再開させたマリエ (C)ORICON DD inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 米・ニューヨークの美術大学のファッションデザイン科を専攻したマリエは「学校に住んでたのかっていうくらい」勉強に励み、卒業に必要な8科目以上を修得して5月末の卒業式に出席。学生生活を振り返り「いろんな経験をさせてもらって、力をつけて帰ってこれた」と胸を張った。

 持ち前の“毒舌”も健在で、会いたい芸能人を聞かれると「スギちゃんに会いたい。みんなはもう飽きてるかもだけど、私は会ったことないので、見たい。あのテキトーぶりと最初から諦めてる感が頑張ってと思う」と上から目線。

 さらに、「学校ばかり行ってて(恋愛は)ご無沙汰。いろんなことに我慢してたので、期待して! 好きな男のタイプは、私の知らない世界を見せてくれる人かな。あと、ちゃんとしたお金は持ってて欲しい。私がお金を出すのは嫌だ」と、相変わらずの“マリエ節”だった。

 マリエの留学中には、芸能界でもさまざまな変化があり「私のいない間にみんな妊娠や結婚してビックリ。私も結婚したいけど考えてない。まずは相手を探したい」。台頭してきた新たなタレントに対しては「みんな、可愛い後輩で嬉しいけど、私のイスもとっておいてもらえたら嬉しいな」とお茶目に語っていた。

 ハリウッドの大スター、マリリン・モンローが、1956年の主演作『王子と踊子』撮影時に、名も無き若い青年と恋愛していたエピソードを綴った映画『マリリン 7日間の恋』のDVD&BDは、8月3日(金)よりレンタルおよび販売開始。

関連写真

  • 本格的な芸能活動を再開させたマリエ (C)ORICON DD inc.
  • 真っ白なロングドレスで登場 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『マリリン 7日間の恋』DVD&BD発売記念イベントに出席したマリエ (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索