アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ガールズケイリンのスター候補生が『鳥人間』のパイロットに

ガールズケイリンのスター候補生が『鳥人間』のパイロットに

 今年で35回目の開催となる『鳥人間コンテスト』(7月28・29日、滋賀県彦根市・琵琶湖東岸の松原水泳場)。コンテストの花形チーム・芝浦工業大学の人力飛行機のパイロットに、ロンドン五輪候補だった石井寛子選手(26)とインカレチャンピオンの明珍裕子選手(23)が抜てきされた。2人は、現在、日本競輪学校に在学中(来年3月卒業予定)。1964年に廃止され、今年7月1日に48年ぶりに復活した「ガールズケイリン」(女子競輪)での活躍が期待されるスター候補生でもある。

【写真】その他の写真を見る


 芝工大は同コンテストにおいて、機体の大きさ、重さ、製作費、そして組織力、すべてがナンバー1のマンモスチーム。2009年の32回大会で3キロを超えるビッグフライトを記録し、名実共に強豪チームの仲間入りを果たした。ここ数年は記録が伸び悩んでおり、その一番の原因は、一般的には飛行には不利と言われる2人乗りへの強いこだわりにあると言われている。それでも2人で協力して空を飛ぶという熱い思いは、守り続けたい芝工大の伝統だ。そんな芝工大が求める軽量でパワフルな理想の“エンジン”として、白羽の矢が立ったのが、男性よりも体重が軽く、ケタ外れの脚力を持つ石井選手と明珍選手だった。

 明珍選手は「自分の力で漕いで空を飛ぶって経験がないので、本当に飛べるか、不安はありますが、責任を持って乗らないといけないっていう思いがある。芝工大には10キロという目標があるので、一緒にその目標を達成したいと思います」と力強く宣言。石井選手は「出場するからには絶対に上位を狙いたいです。やっぱり1位になりたいです」と大きな目標を掲げた。

 また、今回の芝工大はもう1つ、別の点からも大きな注目を集めている。それは代表、設計、パイロットが全て女性という事。芝工大チームの代表、安保知佳さん(3年生)は「私たちのチームでも代表と全体設計が女性という事がなかったので、それなりに結果を残したいという気持ちはあります」と意気込む。

 毎年、さまざまなドラマを生み出してきた鳥人間コンテスト。芝工大の学生たちの思いを背負ってフライトする石井選手と明珍選手は、女性パイロットとして歴史を塗り替える事ができるのか。今年の『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2012』は、読売テレビ・日本テレビ系で8月27日(月)、午後7時より放送される。



関連写真

  • ガールズケイリンのスター候補生、石井寛子選手(中央)&明珍裕子選手(左)が芝浦工業大学の人力飛行機のパイロットに決定。春香クリスティーン(右)も応援 (C)読売テレビ
  • ガールズケイリンのスター候補生、石井寛子選手(中央)&明珍裕子選手(左)が芝浦工業大学の人力飛行機のパイロットに決定。春香クリスティーン(右)も応援 (C)読売テレビ

オリコントピックス