• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 蒼井優&瑛太が伝える「化粧のちから」 資生堂が140周年記念企業CMを放送

蒼井優&瑛太が伝える「化粧のちから」 資生堂が140周年記念企業CMを放送

 女優の蒼井優が出演し、俳優の瑛太をナレーションに起用した化粧品メーカー・資生堂の新企業CMが、同社の創業140周年記念日にあたる本日8日に、日本テレビ系『おしゃれイズム』(毎週日曜 後10:00)内で放送される。東日本大震災後、被災地で“ビューティー支援活動”を行っている同社は、活動を経て、あらためて実感した「化粧のちから」をテーマに今回のCMを制作。蒼井の優しい眼差しと瑛太の温かみのある声、そして活動中に出会った“たくさんの笑顔”を通して「化粧品にできることのすべてを、これからも、ずっと。」というメッセージを発信する。

【写真】その他の写真を見る


 気持ちの良い光の中でたたずむ蒼井の姿から始まる同CM。歌手・熊木杏里が優しく歌い上げる「ふるさと」に乗せて、マッサージやメーキャップ等のサービスで被災者を元気づけようと行われているビューティー支援活動の様子とともに、被災地で出会った人々の笑顔が映し出される。「お化粧とはなんだろう」と問いかけ、再認識したその“役割”を語る瑛太。柔らかい表情で「陽が昇ったら、お化粧しよう。新しい顔で進もう」と語る蒼井。2人のナレーションが印象的に流され「化粧のちから」を伝えるとともに、同社が節目を迎えて決意を新たにする内容となっている。

 神奈川県・葉山の海岸での撮影となった蒼井は、シンプルな白い衣装で現場入り。ナレーション原稿に目を通し「『陽が昇ったら、お化粧しよう』のフレーズが良いですね」と笑顔を見せる一方、カメラと向き合うと、凛とした立ち姿で情感込めて語りかけ、数々の映像を繋ぐ大役を見事に務めていた。なお、CMに登場する“笑顔”の写真は、この1年の支援活動の記録として、実際の活動中に撮影されたもの。スタッフが写真使用の許可を得るためにそれぞれを訪問すると、多くの人たちが再会を喜び、快く了承してくれたという。

 資生堂が創業140周年を記念して制作した新企業CM「化粧のちから」篇は、本日8日に1時間拡大スペシャルとして放送される『おしゃれイズム』内で90秒バージョンが放送されるほか、60秒バージョンが4月15日、5月13日に同番組内で放送予定。

関連写真

  • 凛とした立ち姿で「化粧のちから」を伝えていく蒼井優
  • “ビューティー支援活動”の記録が映し出される
  • 新CMより
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より
  • 【CMカット】資生堂の新企業CM「化粧のちから」篇より

オリコントピックス